セルティックスの新人エドワーズが第3クォーターに26得点と爆発

現地15日、セルティックスは敵地ロケット・モーゲージ・フィールドハウスにて開催されたキャバリアーズとのプレシーズンゲームを118対95で快勝した。チームが主力を休ませるなか、主役に躍り出たのは新人のカーセン・エドワーズだった。 この試合先発を飾ったドラフト33位指名のエドワーズは、自慢の3ポイントを8本沈めるなど第3クォーターだけで26得点と爆発。最終的に20分間の出場で合計9本の長距離砲を含む試合最多の30得点を記録し、セルティックスをプレシーズン無傷の4連勝に導いた。その驚きの活躍にブラッド・スティーブンスHC(ヘッドコーチ)も「あんなパフォーマンスは今まで見たことがない。彼は特別だったね」と舌を巻いた。 また、この試合、セルティックスからはエドワーズと同じルーキーのトレモント・ウォーターズが24得点、7アシストと活躍。敗れたキャバリアーズは2年目のコリン・セクストンが20得点、ドラフト全体5位指名のダリアス・ガーランドが16得点と気を吐いた。

関連タグ

チーム

  • セルティックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスの新人エドワーズが第3クォーターに26得点と爆発