マーキース・クリスがウォリアーズでのデビュー戦でダブルダブルの活躍

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、今年のプレシーズンにロサンゼルス・レイカーズと3試合する予定になっているが、彼らはその2試合目となる現地10月14日の試合を104-98で落とした。しかし、この試合で、レギュラーシーズンのロスター入りを狙う数名の選手が活躍を見せた。 その中の1人で、今年のトレーニング・キャンプに招待されたマーキース・クリスは14得点、11リバウンドというダブルダブルに加え、4アシスト、3ブロック、フリースロー6本中6本成功と奮闘した。 さらに、ロスター生き残りを目指すデイミオン・リーも18得点、9リバウンド、3スティールというダブルダブル級の働きを見せている。 試合は、先発のディアンジェロ・ラッセルとドレイモンド・グリーンが休養のため欠場したウォリアーズが序盤から苦しみ、前半はフィールドゴール成功率29.6%(54本中16本成功)と大きく出遅れた。しかし、そんな状況の中でも、元王者のウォリアーズは第2Q(クォーター)に14-6のランも見せている。 その後も、試合が進むにつれてウォリアーズはレイカーズのリードを減らしていき、第3Q途中に19点あった点差を、試合時間残り3分には3点差にまで縮めた。しかし、そこからレイカーズが2本連続で得点を決め、ウォリアーズは万事休すとなった。 両チームの次の対戦は同16日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われる。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーキース・クリスがウォリアーズでのデビュー戦でダブルダブルの活躍