マーベリックスの馬場雄大がバックス戦に出場も、試合後にGリーグ行きが決定

ダラス・マーベリックスの馬場雄大が、現地10月11日にホームのアメリカ・エアラインズ・センターで行われたミルウォーキー・バックス戦に出場し、1スティールを記録した。 馬場は試合時間残り3分24秒の場面で試合に登場し、バックスのポイントガードのフランク・メイソンとマッチアップした。この日の唯一のシュート・アテンプトとなった左45度からの3ポイントシュートは惜しくも外れたが、2017年のNBAドラフト2巡目全体34位指名でプロ入りしたメイソンを持ち前のスピード感溢れるディフェンスで苦しめ、試合時間残り1分10秒には見事なスティールから速攻のチャンスを作った。 試合は、ヤニス・アデトクンボが34得点、11リバウンド、4アシストと大活躍したバックスが118-111で勝利している。 なお、試合後にはGリーグのテキサス・レジェンズ行きが通達された。今後は11月8日のGリーグ開幕戦に備える予定だ。

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • 馬場 雄大

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーベリックスの馬場雄大がバックス戦に出場も、試合後にGリーグ行きが決定