プレシーズン初戦で16得点のザイオン「とても楽しかった」

現地7日、ペリカンズがプレシーズンゲーム初戦でホークスと対戦。今年のドラフト全体1位指名であるペリカンズのザイオン・ウィリアムソンは、先発して27分49秒プレイし、16得点、7リバウンド、3アシスト、3スティールと攻守にわたって躍動。チームの133対109での勝利に貢献した。 試合後、ザイオンは「とても楽しかった。たとえ記録に残らないものであっても、NBAでの初めての試合だった。今日はこれから自分が成し遂げる多くのことの最初であることを望んでいる」と総括した。 カレッジ時代は強靭なフィジカルで相手を圧倒したザイオンだが、NBAのフィジカルについてどう感じているのか問われると、「少し違っている。ここでは多くの選手がより当たりが強く、その中で得点するためにはよりスキルのある方法を見つけないといけない。ただ、自分のサイズには手応えがあり、大きなアジャストが必要だとは思わない」と語った。 一方で、大きな変化を感じるのがライフスタイルだ。「これは全く違う。いつなん時でも違う都市に移動できるようにしておかないといけないからね。それに相手への対策も違ってくる。次の試合の相手に対し、常に違った方法を見つける必要がある」 最後にこの日のペリカンズは速いテンポでプレイしていたが、ザイオンは「(アルビン)ジェントリー・ヘッドコーチは、いつも速いペースで走ることについて言っている。そして、トランジションの展開には持ち込みたい。それは僕の得意とするところだからね」と、自身にとって歓迎するスタイルと締めくくった。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. プレシーズン初戦で16得点のザイオン「とても楽しかった」