ウォルトン、コーチチャレンジに成功した初のHCに

サクラメント・キングスのルーク・ウォルトンヘッドコーチは、コーチチャレンジに初めて成功した指揮官となった。この制度はまず今シーズン限定で試験導入されるもので、ヘッドコーチは1試合につき一度、パーソナルファウルの判定の見直しを求めることができる。また、試合残り2分以外の状況では、ゴールテンディング、バスケットインターフェアレンス、自分たちのポゼッションにならないアウト・オブ・バウンズについても要求できる。 これは、タイムアウトが残っている場合に可能となる。チャレンジが失敗した場合、タイムアウトが減らされる。また、成功して判定が覆ったとしても、チャレンジできるのは1回のみで、回数が増えることはない。 ウォルトンは現地5日、インドのムンバイで行われたペイサーズとのプレシーズンの第3クォーターで、アウト・オブ・バウンズについてチャレンジを実施。見事に成功して、相手ボールから自軍のボールへと変わった。 ちなみに1分後、ペイサーズのネイト・マクミランヘッドコーチもマイルズ・ターナーのゴールテンディングの判定についてチャレンジに成功。キングスの得点だったものが、コート中央でのジャンプボールでやり直しとなっている。

関連タグ

チーム

  • キングス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォルトン、コーチチャレンジに成功した初のHCに