アトランタ・ホークスが最新の怪我人情報を発表

現地9月25日のMRI検査で腰右側の捻挫と診断されたアトランタ・ホークスのジョン・コリンズは、リハビリの一環としてコート上での練習を部分的に再開している。怪我の様子を見ながらではあるが、コリンズはトレーニング・キャンプの間に徐々に練習の強度を上げていくことになりそうだ。トレーニング・キャンプ終了後にチームの医師がコリンズの怪我の状態をチェックし、最新の怪我人情報を発表する予定だ。 現地4月4日に右膝の内視鏡手術を受けたアレン・クラブは、まだリハビリの途上ではあるが徐々にコート上でのワークアウトを再開している。クラブはトレーニング・キャンプへの参加を許可されておらず、プレシーズン・ゲームも全休する見込みだ。 8月にアトランタに戻ってきたケビン・ハーターは、膝に痛みを訴えている。彼はMRI検査を受けたが構造的な怪我は見受けられなかったため、現在は炎症を治める治療と疲労を軽減するための処置を受けている。彼は制限付きではあるがコート上でのワークアウトに参加できる状態で、トレーニング・キャンプの間に徐々に練習の強度を上げていく予定だ。トレーニング・キャンプ終了後にチームの医師がハーターの怪我の状態をチェックし、最新の怪我人情報を発表する予定だ。 左足首捻挫のリハビリをしているアレックス・レンは、現地9月26日の自主練習中に腰を痛めた。レンの怪我の状態は今後4〜5日かけてチェックされ、トレーニング・キャンプに参加できるかどうか判断される。 疲労の調整を受けているチャンドラー・パーソンズは、トレーニング・キャンプとプレシーズン・ゲームの間は限定的なプレーになる見込みだ。 新人のキャム・レディッシュはコート上でのプレーを解禁されているため、トレーニング・キャンプに参加できる見込みだ。ただ、彼もまだ練習負荷の調整を受けている状態で、これから徐々に制限が解除されていくことになる。

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • John Collins

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アトランタ・ホークスが最新の怪我人情報を発表