オクラホマシティ・サンダーの3選手がバリスタに挑戦

現地9月24日の午後、オクラホマシティ・サンダーのナーレンズ・ノエル、ハミドゥ・ディアロ、ルグエンツ・ドルトの3選手が、地元コーヒーショップでコーヒー作りの技術と接客の腕を試した。 サンダーの3選手はバスケットボールをコーヒーポットに持ち替え、美味しいコーヒーを淹れる方法を1から学んだ。彼らは、客のオーダーを聞き、コーヒーを挽くための豆を補充するなど、あらゆるカフェの仕事をこなした。 美味しいコーヒーを淹れるには、正確な計量と我慢強さが必要になる。ディアロは何度もコーヒーを淹れて技術を高めた。「自分自身のバリスタとしての才能を10段階で評価すると?」と聞かれたディアロは、ニヤリと笑って「俺のバリスタとしての評価は7+といったところかな。覚えは早い方だったと思うよ」と答えている。 サンダーの選手たちがコーヒーを淹れてくれたのは、いつも通りコーヒーを買いに来た客にとっては嬉しい驚きだったはずだ。 もちろん、客だけではなくサンダーの選手たちにとっても、このバリスタ体験は大好評だった。 ドルトは「素晴らしい経験だった。普段、俺たちはバスケットボール・コートの上で多くの過ごしている。でも、たまには他のことをやりに外に出て、街の人々と楽しみを分かち合うのも良いことなんだ」と語っている。

関連タグ

チーム

  • サンダー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. オクラホマシティ・サンダーの3選手がバリスタに挑戦