NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認

The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、NBAは、ロサンゼルス・レイカーズが申請していたデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認したそうだ。これにより、膝の前十字靭帯の断裂によって今シーズン中の復帰が難しくなったカズンズの年俸のうち175万ドル(約1億9000万円)がレイカーズの総サラリーから免除される。今オフに、カズンズはレイカーズと350万ドル(約3億8000万円)の1年契約を結んでいた。 このディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションの効力は2020年3月10日(現地時間)まで続く。 オールスター・センターとして確かな実力を持つカズンズだが、この2シーズンは度重なる怪我に悩まされている。 キャリア通算で565試合に出場し(うち543試合に先発)、1試合平均21.2得点、10.9リバウンド、3.2アシストという成績を残しているが、ゴールデンステイト・ウォリアーズでプレーした昨シーズンは怪我の影響で30試合にしか出場できず、成績も16.3得点、8.2リバウンド、3.6アシストというキャリア最低に近い数字だった。 今オフに、再起を誓って大幅な減量に着手したカズンズはレブロン・ジェームズ率いるレイカーズと契約を結んだが、膝の怪我やプライベートの問題など、度重なる不運に見舞われていた。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • DeMarcus Cousins

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認