アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱

現地9月18日、ワシントン・ウィザーズが、アイザイア・トーマスが断裂した左手親指の外側側副靭帯の修復手術を受けたと発表した。手術は成功したが、復帰には6〜8週間かかるそうだ。 トーマスは同16日のワークアウト中に負傷したと報告されている。 ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)は、チームが発表した声明文の中で「怪我で出遅れることはアイザイアにとって残念なことだが、我々のメディカル・チームによる最上級の治療によって、彼は完全な状態で復帰できるはずだ。しばらくの間、彼にはチームの若手ガードたちの指導役を務めてもらう。トレーニング・キャンプをスタートさせるにあたり、彼の存在がチームに良い影響を与えてくれるはずだ」とコメントしている。 今オフにフリーエージェントになったトーマスは、7月6日(現地時間)にウィザーズと契約した。 昨シーズン、彼はデンバー・ナゲッツに所属していたが、ボストン・セルティックス時代の2017年のプレイオフで痛めた腰の怪我が再発した関係で、シーズンの最初の56試合を欠場した。 ナゲッツのローテーションから外されたトーマスは、昨シーズンは12試合にしか出場できず、1試合平均15.1分間のプレーで平均8.1得点という成績に終わった。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Isaiah Thomas

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱