レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場

ロサンゼルス・レイカーズのスーパースターであるレブロン・ジェームズは、今オフも多忙な日々が続いているようだ。夏に入り、多くのNBA選手がオフシーズンを満喫する中、ビジネスマンとしても有名なレブロンは、レイカーズで選手のリクルートに携わり、主演映画「Space Jam2」の撮影を行い、「Taco Tuesday」の商標登録を行ったかと思えば、今度は自身が2012年に出資したピザ・チェーン「Blaze Pizza」のCMにも出演するという多忙ぶりだ。 「Blaze Pizza」のCMでは、ピザ屋の店員に扮したレブロンが、オハイオ州アクロンで通行人にどっきりを仕掛けている。これは、2016年に話題となったロサンゼルスの店舗で行われたどっきり企画の第2弾となっており、今回はレブロンの地元アクロンにてレブロン演じるロンが登場。同ピザ・チェーンの公式ツイッターに投稿された「大きな発表と共に、ロンが戻ってきた」というキャプション付CMが話題を呼んでいる。 レブロンが出資したことで有名となり、現在急成長中の上記ピザ・チェーンに、レブロンは100万ドル弱(約1.1億円)を出資している。米国大手スポーツメディアESPNによると、レブロンが所有する同社株の時価総額は、2017年時点で最低でも当初の40倍となる4,000万ドル(約43億円)にまで跳ね上がっているという。 本業であるアスリート業の傍ら、投資業や俳優業にも精を出しているレブロンは昨季、2005年以来、14年ぶりにプレイオフ進出を逃した。キングの愛称を持つレブロンは、昨季のプレイオフ進出を果たせなかったことに加え、怪我で17試合を欠場したことから、一部のファンの間で「色褪せた王様」と呼ばれており、「他のビジネスばかりに気を取られ、本業に集中していない」と批判されることもある。 これを受け、3度NBA王者に輝いた35歳のベテランは、自身のインスタグラムに「近い将来のバトルのため、日々ナイフを研いでいる」と投稿し、新シーズンの王者奪還を目指し奮闘していることをアピールしている。コート外でのビジネスが順調なレブロンは、アンソニー・デイビスが加わったレイカーズを新シーズンの王者に導き、本業をおろそかにしていないことを証明できるのだろうか。 スポヲタ:ビタラフ アドル

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場