FIBAワールドカップ準々決勝:アルゼンチンがセルビアを撃破!

9月10日に行われたFIBAワールドカップ準々決勝のアルゼンチン代表対セルビア代表は、元NBA選手のルイス・スコラが20得点、ファカンド・カンパッゾが18得点、12アシストと活躍したアルゼンチン代表が97-87で勝利して準決勝進出を決めた。アルゼンチン代表がワールドカップの準決勝に進むのは13年ぶりだ。 アルゼンチン代表では、パトリシオ・ガリーノも15得点を決めている。今大会6戦全勝のアルゼンチン代表は、準決勝でアメリカ対フランスの勝者と対戦する。 2014年のワールドカップと2016年のオリンピックで銀メダルを獲得しているセルビア代表は、今大会の優勝候補の一角と見られていた。そんな周囲の予想を覆しての大金星について、試合後にスコラは以下のようにコメントしている。 「人々が『ミラクル』だとか『サプライズ』だとか『信じられない』と言っているのを聞くのは、うんざりなんだ。22人の仲間たちが、ここに来ることを信じて2ヶ月間努力を続けた。俺たちには、その22人だけで充分なんだ。そんな彼らと一緒にプレーしたんだから、これはミラクルでもなんでもないんだ」 セルビア代表では、ボグダン・ボグダノビッチ(サクラメント・キングス)が21得点、ネマニャ・ビエリツァ(キングス)が18得点、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が16得点、10リバウンドを記録した。ボグダノビッチが試合時間残り1分20秒に決めた3ポイントシュートでセルビア代表は91-85の6点差に迫ったが、すぐさまカンパッゾが2点を追加してリードを再び8点差に広げた。次のオフェンスでセルビア代表は1本返したいところだったが、ボールはアウト・オブ・バウンズとなり、その瞬間、アルゼンチンのファンは勝利を確信した。この間、NBAのオールスター・センターのヨキッチはベンチに下がっていた。 前回アルゼンチン代表がワールドカップの準決勝に進んだ時、スコラは26歳だった。それから13年後、彼は再びFIBAの大舞台に帰ってきた。 かつては多くのNBA選手を擁したアルゼンチン代表だったが、今大会ではNBA選手が1人もいない15チームのうちの1つだった。スコラが最後にNBAでプレーしたのは、ブルックリン・ネッツ時代の2017年2月13日(現地時間)だ。 スコラは、アルゼンチン代表の勝利の要因はチーム力だとコメントしている。 「俺たちは凄く良いバスケットボールをプレーしている。俺たちは良いチームなんだ。俺たちは、ここまで良い戦いをしてきたのだから、この試合の勝利にも充分に値する」

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • FIBA
  • FIBAワールドカップ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. FIBAワールドカップ準々決勝:アルゼンチンがセルビアを撃破!