マイケル・ジョーダン氏がハリケーン被害にあったバハマに100万ドルを寄付

シャーロット・ホーネッツのオーナーで、選手時代に6度のNBA優勝を経験しているマイケル・ジョーダン氏が、ハリケーン『ドリアン』の被害にあったバハマに100万ドル(約1億700万円)を寄付した。 ジョーダン氏は、スポークスマンのエスティー・ポートノイ氏のツイッターで以下のような声明文を発表している。 「被害にあったバハマの様子を見て非常に心を痛めました。愛する人を失った方々に、心からお悔やみを申し上げます」 バハマに別荘を持ち、同地に頻繁に訪れているジョーダン氏は、今後も復興の状況を細かくチェックし続け、被災者にとって最も有益な非営利団体を選別して支援を続けるそうだ。 ジョーダン氏は声明文の中で「バハマの人々は力強く、立ち直りも早い。私の寄付が、この壊滅的な嵐の被害にあった人々が1日も早く復興する手助けになることを祈っている」とコメントしている。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイケル・ジョーダン氏がハリケーン被害にあったバハマに100万ドルを寄付