2018-19シーズンの「第4Qの得点力が高い選手トップ10」!

NBA.comのカーリ・アーノルド記者が、2018-19シーズンのスタッツを元に、第4Q(クォーター)の得点力が高い選手の上位10名をリストアップした。 このリストはあくまでも数字だけを元にしており、アーノルド記者の主観は含まれていない。ランキングに含まれるのは、NBAシーズンの半分にあたる41試合に出場した選手だけだ。 1位:レブロン・ジェームズ 第4Qの平均得点/ 8.6点  ジェームズは、キャリア16シーズン目の昨シーズンは1試合平均27.4得点を記録している。 2位:ジェームズ・ハーデン 第4Qの平均得点/ 8.3点  本人が「記録に残るシーズン」と呼んだ昨シーズン、ハーデンは第4Qの平均得点でキャリアハイをマークした。 3位:ケンバ・ウォーカー 第4Qの平均得点/ 8.0点  ウォーカーは、第4Qにおけるペリメーターのシュート成功率が41.7%だった。 4位:ヤニス・アデトクンボ 第4Qの平均得点/ 7.7点  アデトクンボは、第4Qの得点力を毎年アップさせている。(2016-17シーズンは5.5点、2017-18シーズンは6.8点) 5位:ルー・ウィリアムズ 第4Qの平均得点/ 7.6点  昨シーズン、ウィリアムズは第4Qで最も力を発揮した。(第1Qの平均得点は3.2点、第2Qの平均得点は5.1点、第3Qの平均得点は4.3点) 6位:ポール・ジョージ 第4Qの平均得点/ 7.1点  勝負所に強く、昨シーズンのMVP候補の1人にも挙げられていたジョージは、サンダーのラストショットを任されることも多かった。 7位タイ:ドノバン・ミッチェル 第4Qの平均得点/ 6.8点  ユタ・ジャズのライジングスターのミッチェルは、プロ入り2年目の昨シーズンからチームのオフェンスの要となった。昨シーズン、彼は39試合で、第4Qだけで10点以上をあげる活躍を見せている。 7位タイ:デビン・ブッカー 第4Qの平均得点/ 6.8点  若干22歳ながらフェニックス・サンズの重要な得点源になっているブッカーは、2018年の3ポイントコンテストで優勝している。 7位タイ:アンソニー・デイビス 第4Qの平均得点/ 6.8点  ニューオリンズ・ペリカンズのエースだったデイビスは、今シーズンからロサンゼルス・レイカーズでジェームズと共にプレーする。 10位:ブラッドリー・ビール 第4Qの平均得点/ 6.7点  ジョン・ウォールの長期離脱により、ビールが得点面でワシントン・ウィザーズを支えることになる。今シーズンは、ルーキーの八村塁とのコンビにも大きな期待がかかる。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 2018-19シーズンの「第4Qの得点力が高い選手トップ10」!