カイリー・アービングが「地球は平ら」発言を謝罪!!

ボストン・セルティックスのスター選手のカイリー・アービングが、全世界の理科の先生に向けて「ごめんなさい」というメッセージを送った。 これは、「地球は平らだ」という自身の過去のコメントに対する謝罪の言葉だ。 先日ボストンで開催されたフォーブス・アンダー30・サミットのトークショーに登場したアービングは、昨年に話題となった「地球は平らだ」というコメントについて言及した。 彼は、以下のようなコメントをして会場を笑いの渦に巻き込んでいる。 「世界中の理科の先生が俺に詰め寄って『我々のカリキュラムを無茶苦茶にするな』と言いたかっただろうね。申し訳ないと思っています。ごめんなさい。ごめんなさい。」 この騒動以降、彼は『こういった話は内密にすべきだ』と学んだそうだ。 ニューオリンズで開催されたNBAオールスター直前の2017年2月、アービングは、とあるポッドキャストに出演して『地球は平らだ』と発言した。この発言は大きな話題となり、アービングの大学(デューク大)の大先輩にあたるアダム・シルバーNBAコミッショナーまでもが、「カイリーと私は同じ大学に通ったが、彼はどうやら違うコースを専攻したようだ」というコメントを発表したほどだった。 彼の発言は、その後も様々な物議を巻き起こし、SNS時代の急速な情報拡散力を世間に知らしめた。しかしアービングは、今年6月初旬のNew York Timesのインタビューの中で、『地球は平らだ』という意見にもう固執していないことを明らかにしている。 「俺は、『地球は平ら』側の観点と『地球は丸い』側の観点の両方から、ちゃんとリサーチしたよ。俺は『地球は丸い』派の意見に反対はしないし、『地球は平らだ』という意見にも反対しない。俺は、人々の様々な意見を聞くのが好きなだけなんだ。」 先日のトークショーで、彼はこの論争に終止符を打とうと考えていると明かした。今回の一件で、彼は、自分のような影響力のある人間の発言がどれだけ大きな力を持つのか、身をもって知ったようだ。 アービングは、「当時、俺は陰謀論にハマっていて、それに皆んなを巻き込んでしまったんだ」とコメントしている。 数ヶ月前には、アービング主演の映画『Uncle Drew』にも出演しているNBAレジェンドのシャキール・オニールも、この『地球は平ら』論争に参戦していた。オニールも、一時はアービングの『地球は平ら』説を支持していたが、後のインタビューで「あれは、ただの冗談さ」と立場を一変させている。

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Kyrie Irving

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイリー・アービングが「地球は平ら」発言を謝罪!!