キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院

今年5月に脳卒中で倒れ入院中だったクリーブランド・キャバリアーズのダン・ギルバート・オーナーが、約1週間前からデトロイトの自宅に戻っているようだ。ギルバート氏は、退院前の2ヶ月間はシカゴのリハビリセンターに入院していた。 クイックン・ローンズ社のジェイ・ファーナーCEOは「ギルバート氏は先週金曜日(現地8月16日)にデトロイトの自宅に戻り、リハビリを続けている。ダンの回復のために素晴らしい治療をしてくれた専門医に心から感謝している。我々は、彼が自宅に戻ったことを喜んでいる」とコメントしている。 クイックン・ローンズ社の創設者であるギルバート氏は、同5月26日に脳卒中で倒れ、家族や友人によって病院に搬送されると、カテーテル治療をベースとした緊急手術を受けた。医師によると、この治療法がギルバート氏の回復に大きな効果を生んだそうだ。ギルバート氏は、シカゴのリハビリ施設に入る前の1ヶ月ほどをミシガン州のロイヤルオークにあるビューモント病院で過ごした。 ギルバート氏が不在の間、キャバリアーズと関係者たちは多くの仕事をこなす必要があった。そして、それは今後もしばらく続くだろう。ファーナーCEOは「ダンがリハビリに専念している間も、我々のチームや関係者たちは、高いレベルで顧客やチームをサポートし、サービスを提供し続けなければならない」と語っている。 今月初めに、ギルバート氏はクイックン・ローンズ社の社員にビデオメッセージを送っている。そのビデオの中で、彼は社員の素晴らしいサポートに対する感謝を述べていたそうだ。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院