オーストラリア代表が母国に集結!

NBA選手のジョー・イングルズ、パティ・ミルズ、アーロン・ベインズ、マシュー・デラベドーバらを含む12名のオーストラリア代表が、母国に集結した。彼らは、今夏に中国で開催されるFIBAワールドカップに出場する。 12名のうち、ヨナ・ボールデン、ザビエル・クックス、ジョック・ランデイルの3名は今回が国際大会デビューとなる。 イングルズ、ミルズ、ベインズ、デラベドーバらと共に2016年のリオデジャネイロ・オリンピックに出場したアンドリュー・ボーガットとクリス・ゴールディングも代表に戻ってくる。このオリンピックで、オーストラリア代表は3位決定戦でスペイン代表に1点差で敗れてメダルを逃している。 ゴールディング、キャメロン・グリッドン、ニコラス・ケイ、ネイサン・サビーの4名は、オーストラリア・リーグのチームから招集された。 ベン・シモンズ(フィラデルフィア・76ers)とソン・メイカー(デトロイト・ピストンズ)は、NBAのシーズンに備えるために今夏の代表活動を辞退している。また、ユタ・ジャズのダンテ・エクサム(膝の手術)と、ダラス・マーベリックスのライアン・ブローコフ(家庭の事情)も今夏のFIBAワールドカップへの出場を辞退している。 オーストラリア代表のアンドレヤ・レマニスHC(ヘッドコーチ)は「ワールドカップ初出場の選手が数名いる。今大会は彼らにとっても、そしてチーム全体にとってもエキサイティングなものになるだろう。もちろん、我々のチームには主軸となるベテラン選手が何人もいる。彼らは、中国で成功を収めるために何が必要か分かっている」とコメントしている。 オーストラリア代表は、ワールドカップを前にオーストラリアで親善試合を4試合する予定だ。(現地8月16日と17日のカナダ戦、同22日と24日のアメリカ戦) ブーマーズ(オーストラリア代表の愛称)は、ワールドカップでグループHに入った。彼らは予選ラウンドで、カナダ代表(同9月1日)、セネガル代表(同3日)、リトアニア代表(同5日)と対戦する。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • FIBA
  • FIBAワールドカップ
  • オーストラリア代表
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. オーストラリア代表が母国に集結!