カーメロ・アンソニー「ロケッツからクビにされた気分だった」

2018年にオクラホマシティ・サンダーからアトランタ・ホークスにトレードされた直後に解雇されたカーメロ・アンソニーは、2018年のカンファレンス・ファイナルでゴールデンステイト・ウォリアーズをあと一歩のところにまで追い詰めたヒューストン・ロケッツの一員として2018-19シーズンを迎えた。そのロケッツで、彼はジェームズ・ハーデンとクリス・ポールを助けるキープレイヤーになると期待されていた。 しかし、彼のロケッツ時代は僅か10試合で終わった。 その年、ロケッツは開幕から4勝6敗という成績だったが、アンソニーは4試合で20得点以上を記録していた。しかし、2018年11月15日(現地時間)にロケッツのダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)は「アンソニーとチームが別の道を進むことになった」という声明を発表した。そして、2019年1月22日にアンソニーはシカゴ・ブルズにトレードされ、2月1日にブルズから解雇された。彼はブルズでは1試合も出場しなかった。 10度のNBAオールスター出場歴を誇るアンソニーは、まだどのチームとも契約していない。 ESPNのFirst Takeに出演したアンソニーは、ステフィン・A・スミス記者のインタビューに対して、ロケッツで居場所を失った当時について以下のように語った。 「GMと面談をした時、彼は俺に『もう君に働いてもらう必要がないんだ』と言ったんだ。その言葉は、俺のエゴとプライドを深く傷つけた。それで、俺は『この状況で、まだプレーすることができるのか?俺が何をしたというんだ?』と自問した。そして、彼に『俺が何かしたっていうのかい?』と聞いたんだ。すると、彼は『君は何もしなかった。ただ、上手くいかなかっただけだ』と答えたんだ。 この時、俺は偉い人から『もう働かなくていい』と言われた気がした。俺は今まで何年も精一杯プレーしてきた。それなのに『もう働かなくていい』と言われるなんて、まるで『お前はクビだ』と言われたも同然の気分だったよ」 この放送で、アンソニーは色々なトピックについて語った。その中には、将来的にマイアミ・ヒートやクリーブランド・キャバリアーズで親友のドウェイン・ウェイドやレブロン・ジェームズと一緒にプレーすることよりも、2006年にデンバー・ナゲッツと大型長期契約を結んだ経緯に関する話もあった。このアンソニーの決断の結果、クリス・ボッシュがウェイドとジェームズと『ヒートルズ』を結成し、2010年から2014年まで4年連続でNBAファイナルに進出し、2度チャンピオンに輝くこととなった(2012年と2013年)。 当時、アンソニーは親友たちが将来のフリーエージェントについて話し合っていたことを知っていたが、彼は当面の契約と収入、そして自分の競争心やデンバーでプレーすることの快適さを優先したそうだ。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

キーワード

  • 移籍・トレード
  • カーメロ・アンソニー
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カーメロ・アンソニー「ロケッツからクビにされた気分だった」