フィラデルフィア・76ersがクラシック・エディション・ユニフォームを発表

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)が2019-2020シーズンのクラシック・エディション・ユニフォームを発表した。 このクラシック・エディション・ユニフォームは、シクサーズの偉大な歴史と、発明の匠として知られるフィラデルフィアの街の精神を表現している。 デザインは、殿堂入り選手のビリー・カニンガムがオール・NBA・ファーストチームに選ばれた1970-71シーズンの約半分の試合で着用されたジャージーを踏襲している。胸部には、『PHILA』ユニフォームで使われたブロック体からインスパイアを受けた字体で『Seventy Sixers』というロゴが記されている。 シクサーズは、2019-20シーズンにクラシック・エディション・ユニフォームを採用する12チームのうちの1つだ。今シーズン、シクサーズはクラシック、アイコン、アソシエーション、シティ、ステイトメントの5種類のユニフォームを採用する。 シクサーズのクリス・ヘック球団社長は「今シーズンのクラシック・エディション・ユニフォームを公開できたことを嬉しく思っている。このユニフォームは、何年もの時をかけて成長してきたこの街の豊かな歴史を賞賛するデザインになっている。このユニフォームが着用される試合は少ないかもしれないが、ビンテージ感溢れる『Seventy Sixers』というロゴは、情熱的なシクサーズ・ファンにきっと気に入ってもらえるはずだ」とコメントしている。 クラシック・エディション・ユニフォームの発表用に作られたビジュアルについて、シクサーズのマーケティング部門主任のケイティー・オライリー氏は「このユニフォームの発表には、ベン・シモンズとジョエル・エンビードという2人のオールスター選手の存在が欠かせなかった。我々は、1970年代にタイムスリップしたかのようなビジュアルを作り上げた。このビジュアルは、我々の歴史に対する敬意と、2019-20シーズンに向けた闘志を表現している」と説明している。 また、シクサーズのジャージー・スポンサーであるStubHubのアクシェイ・カーナ氏は「シクサーズとのパートナーシップがどんどん強固になっていくことを嬉しく思っている。StubHubは、ファンに最高の体験と利便性を提供し続けることを第一の目標としている。我々は、クラシック・エディション・ユニフォームを着てシクサーズのホーム開幕戦を観戦できるチケット数枚を、1名のラッキーなファンにプレゼントするつもりだ」とコメントしている。

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. フィラデルフィア・76ersがクラシック・エディション・ユニフォームを発表