今日は何の日 〜5チーム13選手が動く史上最大のトレードが起きる〜

2005年8月2日、5チームの間を13人もの選手が動く、NBA史上最大のトレードが起きた。ボストン・セルティックスがアントワン・ウォーカーをマイアミ・ヒートにトレード。メンフィス・グリズリーズがアンドレ・エメット、ジェームズ・ポージー、そしてジェイソン・ウィリアムズをマイアミに、グレッグ・オスタータグをユタ・ジャズにトレード。マイアミはアルバート・ミラジェス、クインテル・ウッズ、2006年の2巡目指名権、そして2008年の2巡目指名権をボストンに、エディ・ジョーンズをメンフィスに、ラスール・バトラーをニューオリンズ・ホーネッツにトレード。ニューオリンズはロベルト・ドゥエニャスをマイアミにトレード。ユタはカーティス・ボーチャードをボストンに、ラウール・ロペスをメンフィスに、カーク・スナイダーをニューオリンズにトレードした。 2003年のドラフトでドウェイン・ウェイドを指名、2004年にトレードでシャキール・オニールが加入していたマイアミは、このトレードで獲得したアントワン・ウォーカー、ジェームズ・ポージー、ジェイソン・ウィリアムズがそれぞれ期待通りの活躍を見せ、大型トレードの勝ち組に。2005-06シーズン、球団創設19年目にして、ついに念願の初優勝を飾ることになった。 ダブドリ編集長:大柴壮平

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 今日は何の日 〜5チーム13選手が動く史上最大のトレードが起きる〜