サチン・ガプタ氏がウルブズのエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任

サチン・ガプタ氏が、ミネソタ・ティンバーウルブズのバスケットボール運営部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任した。ウルブズは、ガーソン・ロサス新球団社長の下でフロント・オフィスの人事を刷新している。 ガプタ氏の契約は、現地7月30日に正式に締結された。彼は、昨シーズンはデトロイト・ピストンズでアシスタント・ゼネラルマネージャーをしていた。ピストンズで働く前に、ガプタ氏はヒューストン・ロケッツでダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)の下で働いていたロサス氏のスペシャル・アドバイザーをしている。ロケッツ時代に、彼は分析部門、戦術やサラリー・キャップ管理のアシスタントを経験している。 ガプタ氏は、マサチューセッツ工科大学とスタンフォード大学で学位を取得している。彼は、最初に就職したESPNで『NBA Trade Machine』を生み出したことで知られている。『NBA Trade Machine』は、リーグの複雑なサラリー・キャップ・ルールを気にすることなく、ユーザーが自分たちが思い描いたトレードをシュミレートできる大人気のウェブ・ツールだ。 ガプタ氏は、フィラデルフィア・76ersでも3年間仕事をしたことがある。

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ

キーワード

  • ニュース全般
  • サチン・ガプタ氏
  • エグゼクティブ・バイス・プレジデント就任
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サチン・ガプタ氏がウルブズのエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任