ウルブズがタイアス・ジョーンズの放出を決断

ミネソタ・ティンバーウルブズが、制限付きフリーエージェントになっていたタイアス・ジョーンズに提示されたメンフィス・グリズリーズのオファーシートにマッチしないことを決めた。これにより、ジョーンズのグリズリーズ入りが確定した。 ウルブズのバスケットボール運営部門代表のガーソン・ロサス氏は「我々は、タイアスのコート上での貢献に心から感謝している。彼と彼の家族全員が、ミネアポリスの街に大きなインパクトを与えてくれた。我々は、彼らのメンフィスでの健闘を祈っている」という声明文を発表している。 ESPNによると、グリズリーズはジョーンズに3年2800万ドル(約30億円)のオファーシートを提示したそうだ。 23歳のジョーンズは、昨シーズンは68試合に出場し(うち23試合に先発)、1試合平均6.9得点、4.8アシスト、1.2スティールを記録した。上記のスタッツは、全て彼のキャリアハイの数字だ。 ジョーンズは、2015年のNBAドラフト1巡目全体24位でクリーブランド・キャバリアーズに指名されたが、その直後にウルブズにトレードされ、これまでの4シーズンのキャリア全てをウルブズでプレーしてきた。

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ

選手

  • Tyus Jones

キーワード

  • ニュース全般
  • 放出
  • 期限付きフリーエージェント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウルブズがタイアス・ジョーンズの放出を決断