カワイ・レナードがプレイヤーオプションを破棄してフリーエージェントに?!

トロント・ラプターズのカワイ・レナードが、2019-20シーズンの契約のプレイヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントになるようだと、Yahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者が報じた。 レナードの現在の契約は来シーズンまで残っており、その金額は2130万ドル(約24億円)だ。 フリーエージェント市場に打って出るレナードの動向について、ヘインズ記者は「多くのチームがレナード獲得に動くと思われるが、彼はラプターズと再契約することを真剣に考えている」とリポートしている。今夏のフリーエージェント市場で、ラプターズだけがレナードに5年1億9000万ドル(約210億円)というスーパーマックス契約を提示でき、他のチームは最大でも4年1億4000万ドル(約155億円)の契約しか提示できないからだ。 一方で、現地の記者の間では「レナードはラプターズと『1+1契約(2年契約で、2年目はプレイヤーオプション)』を結ぶのでは?」と予想する声もある。 昨シーズン、レナードは1試合平均26.6得点、7.6リバウンドを記録してラプターズに球団史上初の優勝をもたらし、自身2度目のファイナルMVPを受賞した。

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カワイ・レナードがプレイヤーオプションを破棄してフリーエージェントに?!