ビクター・オラディポの復帰はシーズン中盤以降か?

インディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポは、今年1月下旬に右膝大腿四頭筋の腱を断裂して戦線離脱中だ。怪我のリハビリは順調に進んでいると言われているが、彼の復帰は2019-20シーズンの開幕には間に合わないようだ。 Indianapolis Starのマシュー・バントリオン記者によると、ペイサーズのバスケットボール運営部門社長のケビン・プリチャード氏は、オラディポの復帰時期について以下のように語ったそうだ。 「オラディポの復帰にはもう少し時間がかかる。私は、彼が今年の12月か来年の1月頃に復帰できることを願っているよ」 オラディポは、手術から約8週間後に、病院の廊下で歩いている動画を自身のSNSに投稿している。 今年2月11日(現地時間)に行われた電話インタビューで、オラディポは以下のようにコメントしている。 「俺は前向きな男なんだ。俺はあまり先の未来を見据えないし、過去も振り返らない。今日という日に集中し、毎日コツコツと努力を重ねる人間なんだ」 5月のインタビューで、プリチャード氏はオラディポの復帰時期について「私は『彼はきっと帰ってくる。彼はこの時期に復帰する』なんてことは軽々しく口にする人間ではない。怪我の回復期間は、人それぞれで違うからね」とコメントしていた。 また、5月の新聞記事には「毎日リハビリを続けているから、状態はどんどん良くなっているよ。今は、自分の体について再学習している気分がしている。このリハビリを通して、俺は何をすべきで、何をしてはいけなくて、何をやり過ぎたらダメか、ということが理解できるはずだ」というオラディポのコメントが掲載されている。 オラディポは、現地1月23日に行われたトロント・ラプターズ戦の第2Q(クォーター)に、ラプターズのパスカル・シアカムの速攻を阻止しようとした際に負傷した。 昨シーズン、オラディポは1試合平均31.9分間のプレーで平均18.8得点、5.6リバウンド、5.2アシスト、1.7スティールを記録した。 オラディポ離脱後のペイサーズは16勝19敗と苦しみながらもイースタン・カンファレンスの5位シードでプレイオフに進出したが、ファーストラウンドでボストン・セルティックスにスウィープされた。

関連タグ

チーム

  • ペイサーズ

選手

  • Victor Oladipo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ビクター・オラディポの復帰はシーズン中盤以降か?