マイク・コンリーのジャズ加入で期待されることとは

「The Athletic」のシャムズ・シャラニア記者は、メンフィス・グリズリーズとユタ・ジャズがベテランポイントガードであるマイク・コンリーに関するトレードに合意したと報じた。 ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、このトレードでメンフィスはコンリーを放出し、グレイソン・アレン、ジェイ・クラウダー、カイル・コーバー、そして今年のドラフト1巡目全体23位指名権を含む2つのドラフト1巡目指名権を獲得するという。 トレードが正式に成立するのは7月6日だが、この約4カ月前にマルク・ガソルを放出したグリズリーズは本格的なロスター再建に踏み切ったようだ。 来期に32歳となるベテランのコンリーは、キャリア12年間をグリズリーズでプレーしており、球団記録を多数保持している。また、トレードデッドラインを前にトロント・ラプターズにトレードされたガソルと共にメジャーな記録のほぼ全てを独占していた。 そんな2人のトッププレーヤーを有していても一向に勝てないグリズリーズは、チームを仕切り直すためにコンリーとガソルの放出に至ったのだろう。 怪我から復帰したコンリーの活躍もあり、2018-2019シーズンの序盤は12勝5敗と幸先のいいスタートを切っていたグリズリーズだったが、その後は33勝49敗という残念な結果でシーズンを終えた。 そして、本格的なロスター再建を目論んでいたグリズリーズがコンリーのトレードに踏み切った最大の要因は、先月のロッタリー・ピックでドラフト1巡目全体2位指名権を引き当てたことにより、マレー州大のスターポイントガードであるジャ・モラントの獲得がほぼ確実となったからだといえる。 一方、過去3シーズンにわたりプレーオフに進出しているものの優勝には一歩及ばないジャズにとってもコンリーの獲得はポイントガードのアップグレードとなるだろう。 怪我から復帰したコンリーは2018-2019シーズンに怪我前のシーズンと同等の活躍を見せており、平均21.1ポイント、3.4リバウンド、6.4アシスト、シュート成功率43.8%を記録している。 プレーに欠点があまりなく、静かではあるがリーダーシップも取れるコンリーは、ジャズの戦力として、そしてチームのリーダーとして期待されている。 文:ビタラフ アドル

関連タグ

チーム

  • グリズリーズ
  • ジャズ

選手

  • Mike Conley

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイク・コンリーのジャズ加入で期待されることとは