バックスがジョン・ホーストGMと契約延長

ミルウォーキー・バックスがジョン・ホーストGM(ゼネラルマネージャー)と複数年の延長契約を交わした。ホーストGMが就任してからの2シーズンで、バックスは通算104勝60敗(勝率63.4%)を記録している。 今シーズン、ホーストGMはマイク・ブーデンホルツァー氏をヘッドコーチに迎えてリーグ最高勝率の60勝22敗を記録し(バックスがシーズン60勝を達成したのは1980-81シーズン以来初)、2001年以来初となるプレイオフ・ファーストラウンド突破を果たした。 ホーストGMは、2005年にデトロイト・ピストンズでNBAフロント・オフィスのキャリアをスタートさせ、2008年にバックスのバスケットボール運営ディレクターに就任した。GMに昇格するまで、彼は選手の評価や、サラリーの管理や、契約交渉を担当していた。 ホーストGMは、契約延長の会見で以下のようにコメントしている。 「私を信じてくれたオーナー・グループに感謝したい。オーナーたちは優勝候補のチームを作ることに尽力し、そのために必要なツールや人材を提供してくれている。私は、今後も彼らのビジョンを具現化できることを楽しみにしている。また、ブーデンホルツァーHCや仕事熱心なスタッフにも感謝している。特に、ミルト・ニュートン氏はチャンピオンシップ・レベルのチームを作ることに多大なる貢献をしてくれている。 最後に、ヤニス・アデトクンボ、ブルック・ロペス、クリス・ミドルトン、マルコム・ブログドン、エリック・ブレッドソーら主力選手と、素晴らしい活躍を見せてくれた控え選手たちに、本当にありがとうと伝えたい。選手全員がコート上で素晴らしいプレーを見せてくれた。チームの成功を支えてくれた選手、ファン、そしてミルウォーキーの街に感謝したい」

関連タグ

チーム

  • バックス

キーワード

  • ニュース全般
  • ジョン・ホーストGM
  • 延長契約
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックスがジョン・ホーストGMと契約延長