クレイ・トンプソンがNBAファイナル第3戦を欠場

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンが、トロント・ラプターズとのNBAファイナル第3戦を欠場した。ウォリアーズの先発シューティングガードは、トンプソンに代わってベテラン・ガードのショーン・リビングストンが務めた。 トンプソンは、3日前の第2戦で左ハムストリングに軽い肉離れを起こし、その試合を途中退場していた。彼は、第3戦の試合開始直前まで出場する意志を見せていたが、トレーニング・スタッフの判断により欠場が決定した。 トンプソンは、試合当日の朝に軽いランニングとシューティングを行ったが、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「彼をプレーさせることで、さらに怪我を悪化させるというリスクを負いたくない」とコメントしていた。 今年のプレイオフでトンプソンは1試合平均19.5得点、4リバウンド、2.1アシストを記録しており、NBAファイナルの第1戦と第2戦で平均23得点を決めている。 主力のトンプソン、ケビン・デュラント、ケボン・ルーニーを欠いたウォリアーズは、第3戦を123-109で落とし、対戦成績を1勝2敗としている。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Klay Thompson

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クレイ・トンプソンがNBAファイナル第3戦を欠場