ネッツとホークスとの間でトレードが成立

ブルックリン・ネッツとアトランタ・ホークスとの間でトレードが成立したと、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。 ウォジナロウスキー記者によると、ネッツはフォワードのアレン・クラブと2019年のドラフト17位指名権と2020年の1巡目指名権(ロッタリー・プロテクト有り)をホークスに送り、その見返りとしてホークスからフォワードのトーリン・プリンスと2021年の2巡目指名権を獲得したそうだ。 ネッツは、今オフにフリーエージェントでカイリー・アービングを獲得するためにキャップスペースを空けたい考えだ。 ネッツの今オフの戦略について、ウォジナロウスキー記者は以下のようにリポートしている。 「アービングとネッツは相思相愛だ。4600万ドル(約50億円)のキャップスペースがあるネッツは、今オフに2人のフリーエージェント選手とMAX契約を結ぶ余裕がある。彼らは、おそらくアービングとケビン・デュラントの獲得を狙っているはずだ。ニューヨーク・ニックスもアービングとデュラントの獲得を狙っているが、アービング自身の関心がネッツに移っているため、ネッツも彼の獲得に本腰を入れているようだ。さらに、ネッツは今夏に制限付きフリーエージェントになるディアンジェロ・ラッセルもMAX契約かMAX契約に近い金額で引き留めることが可能だ」 このトレードにより、ホークスは今年のNBAドラフトで3つの1巡目指名権を持つことになる(8位、10位、17位)。彼らは、3つの指名権をパッケージにして、さらに高順位の指名権にトレードアップする可能性もある。

関連タグ

チーム

  • ネッツ
  • ホークス

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツとホークスとの間でトレードが成立