ケンバ・ウォーカー「ホーネッツ残留が最優先」

デビューから8シーズンに渡ってシャーロット・ホーネッツ一筋でプレーし、エースとしてチームを引っ張ってきたケンバ・ウォーカーは、今夏のフリーエージェント市場における注目選手の1人だ。 そのウォーカーは、現時点ではシャーロットを去ることを考えてはいないようだ。 来日中のウォーカーにインタビューしたThe Athleticのジャレッド・ワイス記者によると、ウォーカーはホーネッツとの再契約に意欲的だったそうだ。 ワイス記者のリポートの中で、ウォーカーは以下のように語っている。 「もちろん、シャーロットとの再契約が俺の最優先事項だ。ホーネッツで8年間ずっとプレーしてきたから、チームのことは何でも知っているからね。1つのNBAチームでキャリアを終えられるチャンスは、誰もが手にできるものではないんだ」 今シーズンのオール・NBA・サードチームに選出されたことで、ウォーカーはホーネッツからスーパーMAX契約を提示してもらえる権利を得た。もしホーネッツがスーパーMAX契約を提示した場合、ウォーカーは最大で5年2億2000万ドル(約242億円)の契約を勝ち取ることができる。 今シーズン、ウォーカーは1試合平均25.6得点(キャリアハイ)、5.9アシストを記録し、3年連続でNBAオールスターにも選出された。 ホーネッツのチームメイトも、ウォーカー引き留めに一役買っている。 ホーネッツのコディー・ゼラーは、「ケンバをシャーロットに残そう」と書かれた手作り感溢れるレモネード・スタンドを作り、1杯25セント(約30円)でレモネードを販売してウォーカー引き留めのための募金を集める…という趣旨の面白写真を自身のツイッターに投稿した。この募金の目標金額は2億2100万ドル(約243億円)に設定されている。

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • Kemba Walker

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケンバ・ウォーカー「ホーネッツ残留が最優先」