ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが無期限の出場停止処分に

日本時間12月14日(現地13日)、NBAはゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが前日のフェニックス・サンズ戦でユスフ・ヌルキッチの顔を殴打したとして、無期限の出場停止処分を下したと発表した。今回の処罰は、グリーンのこれまでのスポーツマンとして相応しくない行為の数々を考慮したものとしている。 グリーンは昨日のサンズ戦、第3クォーター残り8分23秒の場面でヌルキッチを殴打し、フレイグラントファウル2をコールされて退場処分となっていた。処分は直ちに適用され、復帰するにはリーグやチームが定めた条件を満たす必要があるとされている。 グリーンの退場は、11月のクリーブランド・キャバリアーズ戦とミネソタ・ティンバーウルブズ戦に続き、今回のサンズ戦で3度目となる。キャバリアーズ戦では2度のテクニカルファウル、ウルブズ戦ではルディ・ゴベアに見舞ったヘッドロックが問題視され、5試合の出場停止処分も受けている。 サンズ戦後、グリーンは会見で「故意にやったことについては謝らないが、ユスフに当てるつもりはなかった。謝罪する。自分は腕でファウルを誘うプレイをする。それでファウルを誘おうとして腕を振ったら、不運にも当たってしまったんだ」と振り返っていた。

【お知らせ】「応援メッセージを書いて当てよう! ティソ T-タッチ プレゼントキャンペーン」

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ

Players

  • Draymond Green

Keywords

  • ニュース全般
  • 出場停止
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが無期限の出場停止処分に