クリッパーズのラッセル・ウェストブルックが試合中に観客と口論 「一線を超えたら許さない」と怒り

ロサンゼルス・クリッパーズのラッセル・ウェストブルックが、日本時間11月28日(現地27日)にホームで行なわれたデンバー・ナゲッツ戦の途中、会場にいた観客と口論になる場面があった。 試合残り30秒の場面、コートサイドから向かって叫んでいた男性の観客に対しウェストブルックが反応。その後プレイに戻ったものの、試合終了後に再び両者がにらみ合う格好となっていた。レフェリーやチームメイトらが間に入り、警備員も駆けつけて事なきを得ている。 試合後に何を言われたのかを問われたウェストブルックは、「それについて話すつもりはない。今日のファンは好き勝手なことを言えた。残念だよ。ただ自分を守っているだけ。自分は相手を許さないし、そのことを我慢しない」と怒りをにじませた。 「リスペクトは自分がとても大切にしているもの。一線を越えたら許さない。これまで何年も我慢してきたけど、今では息子も何が起こっているのか分かる年齢になり、『ねえお父さん、それはどういう意味なの?』と聞いてくるんだ」 ロサンゼルス・レイカーズに在籍していた2022年3月には、自身だけでなく家族にまで誹謗中傷の被害が及んでいることを明かしている。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • クリッパーズ

Players

  • Russell Westbrook

Keywords

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズのラッセル・ウェストブルックが試合中に観客と口論 「一線を超えたら許さない」と怒り