フリーエージェントの交渉解禁日が6月30日に前倒し

現地5月24日、NBAとNBPA(NBA選手協会)は、フリーエージェントの交渉解禁日を変更することで合意に至ったと発表した。 この変更により、NBAチームと選手はアメリカ東部時間6月30日の午後6時から交渉を開始できることになった。これは、これまでの交渉解禁日(同7月1日午前12時1分)よりも6時間早い計算となる。 フリーエージェントの選手やその代理人に対してNBAチームが面談のスケジュールを打診できるのは、同6月29日の午後6時からだとリーグは規定している。しかし、実際に彼らが会って話しができるのは、あくまでも6月30日の午後6時以降だ。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. フリーエージェントの交渉解禁日が6月30日に前倒し