クリッパーズ行きを望む76ersのジェームズ・ハーデン、球団社長は「尊重する」と語るもキャンプ開始時期までもつれるか

トレードやFAの移籍がひと段落したNBAだが、ロサンゼルス・クリッパーズ行きを希望していると報じられているフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のジェームズ・ハーデンは未だ動きが見られない。それでもハーデンは、来季クリッパーズでプレイすることを諦めていないという。『Yahoo Sports』のジェイク・フィッシャー記者は、「シクサーズの意向にかかわらずハーデンは2023-24シーズンにクリッパーズでプレイするつもり」と報じている。また、クリッパーズ以外とはトレードの話もしていないと明かした。 チームメイトのジョエル・エンビードはハーデンの気持ちが変わることを望んでいると語っている一方、ダリル・モーリー球団社長は「ジェームズが心を入れ替えてくれたら我々はみんな大喜びするだろう。しかし彼はトレードを望んでおり、我々もそれを尊重しようとしている」と、ハーデンの気持ちが変わらない限りはトレードに応じると話している。 3560万ドルのプレイヤーオプションを行使して1年の残留を決めたハーデンだが、クリッパーズ側から魅力的なオファーを引き出せずシクサーズが手詰まりとなっているとも報じられている。10月のトレーニングキャンプまでの解決は難しそうという見方も出てきている中、33歳のオールスターガードはクリッパーズ行きという目的を果たすことができるのか。

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

▶▶オリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」発売中!

▶▶世界最高峰のバスケを観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • クリッパーズ
  • 76ers

Players

  • James Harden

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. クリッパーズ行きを望む76ersのジェームズ・ハーデン、球団社長は「尊重する」と語るもキャンプ開始時期までもつれるか