NBAがチャレンジ成功時に2回目の権利付与を検討か

NBAは、コーチによるチャレンジが成功した場合、2度目の権利を付与することを検討しているという。『ESPN』のティム・マクマホン記者がレポートしている。 NBAのバスケットボール運営責任者であるバイロン・スプルーエルは、日本時間6月9日(現地8日)に開催されるNBAの競技委員会でさらに議論されるだろうと述べた。 「夏の委員会で検討する。まだ検討のプロセスだ。夏の間に理事会で承認を得てテストもしなければならないが、実現の可能性がある漸進的な動きだと考えている」 NBAでは2019-20シーズンにチャレンジ制度が正式導入された。この制度では自チームにコールされたパーソナルファウル、アウト・オブ・バウンズ、ゴールテンディング、バスケットボール・インターフェアについて、ヘッドコーチがリプレイ映像によるレビューをリクエストできるようになっていた(第4クォーター残り2分と延長に起きたアウト・オブ・バウンズ、ゴールテンディング、バスケットボール・インターフェアは除く)。現行のルールでは、リクエストできるのは1試合につき1度のみとなっているため、試合序盤でのチャレンジ申請を控える傾向があった。

▶▶ナゲッツ×ヒートのNBAファイナル2023を観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

▶▶オリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」発売中!

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Keywords

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAがチャレンジ成功時に2回目の権利付与を検討か