DIARY

2018年9月5日。ファイナルオーディションへ!

 (Photo by: Warriors.com)

 

面接(Interview)

予選の翌日にディレクター&コーチ陣との面接が行われました。面接は、オーディションの中でもっとも大事だと思います。パーソナリティーやチームに対しての情熱をアピールする時間です。10分ほどの短い時間で、いかに自分の想いを伝えることができるかがポイントです。

 

「なぜウォリアーズなのか?仕事との両立はできるのか?このチームでなにを貢献できるか?

チームについてどう思うか?家族は活動に関して協力できるか?」などの質問を聞かれました。

 

ブートキャンプ(Bootcamp)

ブートキャンプが2日間あり、予選で習った振りを復習し、ウォリアーズのダンススタイルを勉強しました。ベテランの踊りを間近でみることで、とても刺激になりました。大きく、力強く、パワフル、そして「フルアウト」。(毎回、全力を出し切る!)

 

さぁ。ファイナルラウンド!

 

ファイナルラウンド(Final Round)

ファイナルはFacebookでライブストリームされました。

 

・ヒップホップダンス(3人ずつ)*ライブストリーム

・ソロダンス(課題曲が事前に配布)

 

20190131n6.jpg

(Photo: Warriors.com)

 

・ジャズダンス 2人ずつ *ライブストリーム

 

このオーディションを通して印象的だったのが、

オーディション中に、ディレクターが「出し切りなさい。コートにすべての魂を置いてきなさい。」と言っていたセリフです。

 

ファイナルオーディションが終わり、26名がトレーニングキャンプメンバーに選出。

 

ウォリアーズのホームページにて、結果発表がありました。

 

コーチ陣には心から感謝しています。

 

応援企画トップへ

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.