ニュース

WNBAの元スター選手がペリカンズの重役に就任

WNBAの元スター選手のスウィン・キャッシュ氏が、ペリカンズのシニア・エグゼクティブに就任するようだ

WNBA史上で最も優れた選手の1人が、NBAのフロント・オフィスに加わるようだ。

ESPNのザック・ロウ記者によると、WNBAの元スター選手のスウィン・キャッシュ氏が、ニューオリンズ・ペリカンズのシニア・フロント・オフィスの職に就くようだ。彼女は、バスケットボール運営部門とチーム育成部門の副社長に就任すると見られている。ロウ記者によると、キャッシュ氏は、コート内外における選手育成など、球団内の様々な仕事に従事するそうだ。

キャッシュ氏は、総得点でWNBA歴代17位(5119得点)、アシスト数で歴代17位(1133アシスト)、リバウンド数で歴代12位(2521リバウンド)、ブロック数で歴代25位(258ブロック)にランクしている。WNBAでプレーした15シーズンの間で、キャッシュ氏はデトロイト・ショックで2度の優勝(2003年と2006年)と、シアトル・ストームで1回の優勝(2010年)を経験しており、『WNBAに最も影響を与えた20人』にも選ばれている。また、彼女はWNBAオールスターに4回選出されているほか、アメリカ代表としてオリンピックの金メダルを2つ獲得している(2004年と2012年)。

2016年に現役を引退した後、キャッシュ氏は2017年にニューヨーク・リバティーの球団育成ディレクターに就任している。

今オフに入って、ペリカンズのフロント・オフィスは大きな変化を遂げている。まず、4月半ばにデイビッド・グリフィン氏がバスケットボール運営部門のエグゼクティブ・プレジデントに就任し、先月にはトラジャン・ラングドン氏がゼネラルマネージャーに就任した。その他にも彼らは、選手の身体のケアとパフォーマンスを管理する部門のバイス・プレジデントとして、フェニックス・サンズからアーロン・ネルソン氏を引き抜いている。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.