ニュース

スーパースター・コンビ【TOP10】:第6位

今年のFA(フリーエージェント)市場では、例年と比較すると多くのスーパースターがチームを変更している。また、その多くにとってコンビ結成が新たなトレンドとなっていた。

今夏のFAやトレードを経て、全く新しいコンビが結成されたチームもあれば、コンビが変成されたチーム、そして元からのコンビで今季に挑むチームもある。

これを受けて、今夏に登場した数多くの手強いペアの中でも、特にリーグにとって脅威となるであろう10組を筆者がランキングしてみた。

今回は、第6位に選んだフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビード&ベン・シモンズのコンビを紹介したい。

長い低迷期を耐え忍び、それによって得た上位ドラフト指名選手達を育てる「プロセス(過程)」に入っていたシクサーズは、近年エンビードとシモンズを中心としたチーム再建を図っていた。昨季のシクサーズは、2人に加え、シーズン途中のトレードでトバイアス・ハリスとジミー・バトラーを獲得し、万全な体制で臨んだが、優勝まではあと一歩及ばなかった。

後に昨季のチャンピオンとなるトロント・ラプターズとのプレーオフ・シリーズ第2ラウンドでは、3勝3敗で迎えた第7戦に、相手チームのス―パスターであるカワイ・レナードにブザービーターを決められ、わずか1本差で敗れている。NBAファンの間では、同シリーズが事実上のNBAファイナルズと言われており、昨季のチャンピオンに最も近かったチームの1つと言えるだろう。

昨季、25歳のエンビードと22歳のシモンズは、合わせて平均44.4ポイント、22.4リバウンド、11.4アシスト、2.1スティール、2.7ブロックという驚異的な記録を叩き出した。

若干25歳と22歳のコンビが、既にこれだけ高いレベルのパフォーマンスを発揮している事を踏まえると、今後はライバルチームにとって更に脅威的なコンビへと進化を遂げる事が予想される。

しかし、2人には課題があるのも事実だ。キャリア通算で、3ポイントシュートの試投数が0本のシモンズは、外からのシュートを磨かなければならないし、エンビードも常に万全な状態で試合に臨める様に、体調管理を心掛けなければならないだろう。

今回は、上記ランキングとなった2人だが、今季の2人の活躍とチームの結果によっては、トップも十分に狙えるのではないだろうか。

エンビードとシモンズ率いるシクサーズの今季が楽しみだ。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.