ニュース

来期のスーパースター・コンビ【TOP10】:第10位

今年のFA(フリーエージェント)市場では、例年と比較すると多くのスーパースターがチームを変更している。また、その多くにとってコンビ結成が新たなトレンドとなっていた。

今夏のFAを経て、全く新しいコンビが結成されたチームもあれば、コンビが変成されたチーム、そして元からのコンビで来期に挑むチームもある。

これを受けて、今夏に登場した数多くの手強いコンビの中でも、特にリーグにとって脅威となるであろう10組を筆者がランキングしてみた。

今回は、その第1弾としてランキング第10位を発表したい。

第10位は、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラント&カイリー・アービングのコンビだ。

まず、彼らをランキングにリストしない訳にはいかないだろう。同時に、なぜこれほど有力なコンビが10位なのかも説明する必要があるだろう。

リーグ屈指のスーパースターであるデュラントとアービングのペアリングは、本来であれば間違いなくトップ3に入るのではないだろうか。デュラントがアキレス腱断裂により来期全休を余儀なくされることが予想される為、このランキングではこの順位となってしまった。

では、デュラント復帰後はどうかというと、話は全く違うものとなる。デュラント復帰後のネッツは、決定力のあるスコアラー2人を有する手強いチームと化すだろう。昨シーズン、彼とアービングは共に平均20ポイントと5.0アシスト以上をマークしている事から、スコアラー、そしてボールを回すディストリビューターとして優秀な選手だという事が分かる。

2人の相性については、FA交渉の解禁日前から2人がコンビ結成の作戦を練っていた事に鑑みると、二人の仲の良さ、並びにお互いに感じるプレーのし易さがあるのではと想像できる。またプレー自体も、カイリーがプライマリーなボールハンドラーとして、デュラントは1オン1からも競る事ができるが、キャッチアンドシュートも得意な為、そのプレーがお互いを補完しあう関係であり、良い連携が図れると思う。

来期に2人がタッグを組む姿を見る事は難しいと思われるが、デュラント復帰後のネッツは間違いなく優勝候補の1つとなるだろう。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.