ニュース

SNS上で喧嘩した新人を、チームが注意!!

SNS上でのやり取りがエスカレートしたロンゾ・ボールとカイル・クーズマに対し、レイカーズが注意を与えた

チーム内での悪ふざけは良くあることだが、ロンゾ・ボールとカイル・クーズマのSNS上でのやり取りはヒートアップし過ぎたかもしれない。

先日、ボールがクーズマを侮辱する内容のラップを公開した。これが発端となり、2人がSNS上で言い合いを始めてしまい、2人が所属するロサンゼルス・レイカーズが『火消し』をする羽目になった。この件に関して、ESPNのラモーナ・シェルバーン記者とオーム・ヤングミサク記者が以下のように報じている。

「クーズマとボールは親友同士なのは分かっているが、レイカーズは念のため2人に『SNS上での喧嘩をやめるように』と注意を与えたようだ。
新人の2人は、シーズン中からお互いに悪ふざけを繰り返していた。しかし、最近になってクーズマが『最も選手に嫌われているで賞』と題したボールをからかうビデオをBleacher Reportに投稿し、その報復としてボールが『カイリー・クーズマ』と題したクーズマをディスる内容のラップを発表したことで、事態は悪化してしまった。
そのラップの歌詞には、クーズマが実父と疎遠であるという内容が含まれていた。クーズマは、実母のキャリーに女手一つで育てられた。」

この騒動を受け、キャリーは自身のツイッターに「もう皆んな十分に楽しんだから、さっさと仕事に戻りなさい」と投稿し、2人に注意を与えた。

このツイートは、今オフに大物フリーエージェント獲得を狙っているレイカーズのためを思ったアドバイスだったのかもしれない。

ESPNのリポートによると、2人のやり合いは既に沈静化しており、両者の間にわだかまりは残っていないという。

2017年のドラフト1巡目全体27位でレイカーズに入団したクーズマは、ドラフト2位で入団したボールよりも優秀な1年目を送った。クーズマはNBAオールルーキー・ファースト・チームに選ばれたが、ボールはセカンド・チームだった。

クーズマは今シーズン77試合に出場し(うち37試合に先発)、1試合平均16.1得点6.3リバウンド1.8アシストを記録した。一方のボールは今シーズン52試合に出場し(うち50試合に先発)、1試合平均10.2得点6.9リバウンド7.2アシストを記録した。

アーカイブ

サンダーがマーキーフ・モリスと正式に契約
ラプターズがベテラン・ガードのジョディ・ミークスと10日間契約
ゴラン・ドラギッチとデリック・ジョーンズJr.が待望の復帰へ!
ジョエル・エンビードが少なくとも1週間の戦線離脱へ
ステフィン・カリーとバラク・オバマ前米大統領がマイノリティーの少年たちにメッセージ
NBAがアフリカでプロリーグ設立へ
NBA ALL-STAR 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV
第68回NBAオールスターゲームはチーム・レブロンが勝利!!
NBAが来年のNBAオールスターのロゴを発表!
ステフィン・カリーが懐かしい服を着て登場!!
今年のスラムダンク・コンテストはハミドゥー・ディアロが優勝!
今年の3ポイントコンテストはジョー・ハリスが優勝!
今年のスキルズ・チャレンジはジェイソン・テイタムが優勝!
今年のライジング・スターズはアメリカ代表チームが勝利!
アダム・シルバーNBAコミッショナーが『スマート・ジャージー』技術を発表
ペリカンズがGMを解任!
ラッセル・ウェストブルックが球団の歴代最多得点選手に!
スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ
ジョエル・エンビードに罰金処分
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.