ニュース

SNS上で喧嘩した新人を、チームが注意!!

SNS上でのやり取りがエスカレートしたロンゾ・ボールとカイル・クーズマに対し、レイカーズが注意を与えた

チーム内での悪ふざけは良くあることだが、ロンゾ・ボールとカイル・クーズマのSNS上でのやり取りはヒートアップし過ぎたかもしれない。

先日、ボールがクーズマを侮辱する内容のラップを公開した。これが発端となり、2人がSNS上で言い合いを始めてしまい、2人が所属するロサンゼルス・レイカーズが『火消し』をする羽目になった。この件に関して、ESPNのラモーナ・シェルバーン記者とオーム・ヤングミサク記者が以下のように報じている。

「クーズマとボールは親友同士なのは分かっているが、レイカーズは念のため2人に『SNS上での喧嘩をやめるように』と注意を与えたようだ。
新人の2人は、シーズン中からお互いに悪ふざけを繰り返していた。しかし、最近になってクーズマが『最も選手に嫌われているで賞』と題したボールをからかうビデオをBleacher Reportに投稿し、その報復としてボールが『カイリー・クーズマ』と題したクーズマをディスる内容のラップを発表したことで、事態は悪化してしまった。
そのラップの歌詞には、クーズマが実父と疎遠であるという内容が含まれていた。クーズマは、実母のキャリーに女手一つで育てられた。」

この騒動を受け、キャリーは自身のツイッターに「もう皆んな十分に楽しんだから、さっさと仕事に戻りなさい」と投稿し、2人に注意を与えた。

このツイートは、今オフに大物フリーエージェント獲得を狙っているレイカーズのためを思ったアドバイスだったのかもしれない。

ESPNのリポートによると、2人のやり合いは既に沈静化しており、両者の間にわだかまりは残っていないという。

2017年のドラフト1巡目全体27位でレイカーズに入団したクーズマは、ドラフト2位で入団したボールよりも優秀な1年目を送った。クーズマはNBAオールルーキー・ファースト・チームに選ばれたが、ボールはセカンド・チームだった。

クーズマは今シーズン77試合に出場し(うち37試合に先発)、1試合平均16.1得点6.3リバウンド1.8アシストを記録した。一方のボールは今シーズン52試合に出場し(うち50試合に先発)、1試合平均10.2得点6.9リバウンド7.2アシストを記録した。

アーカイブ

今日は何の日 〜クワミ・ブラウンが高卒ルーキー初の全体1位指名を受ける〜
カレッジ情報 〜ルイビル大学がウォークオンのキース・オッドーをロスターに追加〜
カレッジ情報 〜コネチカット大学がAACを離れることを発表〜
マルク・ガソルがオプトイン
ロケッツが主力3選手の放出を検討か?
ニックスがカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談か?
グリズリーズがデロン・ライトにクオリファイング・オファーを提示
サンズがケリー・ウーブレイJr.にクオリファイング・オファーを提示
マーク・キューバン氏がファンやメディアの加熱ぶりを危惧
オマー・アシクのサラリーがブルズのサラリーキャップから除外へ
ウルブズがタイアス・ジョーンズにクオリファイング・オファーを提示
ケビン・デュラントがプレイヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントに
今夏のニックスの狙いは?
マーベリックスがパトリック・べバリーとニコラ・ミロティッチに興味か?
ホーネッツはケンバ・ウォーカーをキープできるのか?!
レイカーズのオーナーのジーニー・バス氏がロブ・ペリンカGMを支持することを表明
クレイ・トンプソン ~マックス契約をじらすウォリアーズと影に潜むクリッパーズ~
FAの噂:ニックスとジュリアス・ランドルは互いに関心あり?
カレッジ情報 〜波紋を呼ぶカリパリのツイート〜
今日は何の日 〜ヤオ・ミン、1巡目1位指名でロケッツ入団〜
ロケッツはジミー・バトラー狙いか?!
マーベリックスがクリスプタプス・ポルジンギスに5年のマックス契約を提示か?
セルティックスもケンバ・ウォーカー獲得に名乗り?!
アンドレ・イグダーラ「KDとトンプソンは帰ってくる」
ラプターズは優勝メンバーのまま来シーズンを迎えられるか?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.