ニュース

ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー

ヒューストン・ロケッツのPJ・タッカーが、同チームとの延長契約を希望していると、The Athleticsのケリー・イコ記者が報じた

ヒューストン・ロケッツのPJ・タッカーは現在、同チームから延長契約のオファーが届くのを待っているようだ。The Athleticsのケリー・イコ記者によると、彼にロケッツとの契約延長について尋ねられたタッカーは、「今すぐにオファーが欲しい」と語ったという。

34歳のタッカーの契約は、あと2年残っているが、2020-21シーズンのサラリーは一部しか確約されていないため、彼は出来るだけ早く将来の見通しを立てたいのだと、イコ記者は報じている。

タッカーは、2017年にロケッツと4年契約を結んで以降、同チームに必要不可欠なロールプレイヤーとなっている。契約1年目の2017-18シーズンは34試合のみの先発出場となったが、昨季は全82試合で先発起用され、平均7.3得点、5.8リバウンド、1.6スティール、1.2アシストを挙げた。プレイオフでは、更に結果を伸ばし、平均11.4得点、7.5リバウンド、1.7スティール、1.7アシストを挙げ、勝負強さを見せていた。

今オフに大規模なロスター再建に踏み切ったロケッツは、オクラホマシティー・サンダーとのトレードで、クリス・ポールを放出し、ラッセル・ウェストブルックを獲得した。ロケッツは新シーズン、ウェストブルックとジェイムズ・ハーデンのMVPコンビを中心としたオフェンス面のアップグレードが期待される一方、これまで通りタッカーやクリント・カペラの高いディフェンス力が重要なカギを握ることが予想される。特に、昨季のNBAオール・デイフェンシブ・チームの候補となっていたタッカーのディフェンス力は、オフェンス中心のロケッツにとって不可欠となっている。

タッカーがロケッツにとって重要な存在であることは明白だが、同チームは2022年までウェストブルックとハーデンのサラリーだけで、それぞれ約1億2400万ドル(約132億円)が必要となることから、タッカーに延長契約がオファーされるかどうかは疑問が残るところである。タッカーは、希望通りロケッツとの延長契約を結ぶことができるのだろうか。

スポヲタ:ビタラフ アドル

 

 

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.