ニュース

PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退

PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退した

現地8月15日の練習中に左足首を軽く捻挫したPJ・タッカー(ヒューストン・ロケッツ)が、アメリカ代表チームのロスター入りを辞退した。タッカーはヒューストンに戻って治療を受け、2019-20シーズンの開幕に備えるそうだ。

タッカーの辞退により、今夏のFIBAワールドカップに出場するアメリカ代表チームのロスター入り候補は、ブルック・ロペス(ミルウォーキー・バックス)、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)、クリス・ミドルトン(バックス)、ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス)、ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティクス)、カイル・クーズマ(ロサンゼルス・レイカーズ)、メイソン・プラムリー(デンバー・ナゲッツ)、ジェイソン・テイタム(セルティックス)、マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)、ケンバ・ウォーカー(セルティックス)、ジョー・ハリス(ブルックリン・ネッツ)、マーカス・スマート(セルティックス)、デリック・ホワイト(サンアントニオ・スパーズ)、ディアーロン・フォックス(キングス)の計14名となった。

2018年から2020年までのアメリカ代表チームを指揮するヘッドコーチはサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)で、アシスタントコーチはスティーブ・カー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/ヘッドコーチ)、ロイド・ピアース(アトランタ・ホークス/ヘッドコーチ)、ジェイ・ライト(ビラノバ大/ヘッドコーチ)らが務める。

同16日の親善試合でスペイン代表を90-81で破ったアメリカ代表は、19日から24日までオーストラリアのメルボルンで合宿を行い、22日と24日にオーストラリア代表と親善試合をする。その後、彼らはシドニーに移動して25日から28日まで合宿し、26日にカナダ代表とFIBAワールドカップ前の最後の親善試合を行う。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.