ニュース

ジェームズがNBAプレイオフの改革案に苦言

先ごろ話題に上がったNBAプレイオフの改革案に対して、レブロン・ジェームズが苦言を呈した

レブロン・ジェームズは、NBAプレイオフは今のフォーマットのままで良いと話した。

先ごろ話題にあがったNBAプレイオフの改革案に対し、クリーブランド・キャバリアーズのスター選手が苦言を呈した。従来のNBAプレイオフのフォーマットでは、イースタン・カンファレンスの上位8チームとウェスターン・カンファレンスの上位8チームがそれぞれトーネメントを戦い、東西のトーナメントを制した2チームがNBAファイナルで優勝を争っている。それに対し、今回NBAが提案した改革案は、イーストとウェストの上位8チームずつが、東西カンファレンスの垣根を越えた全16チームによるトーナメント戦で優勝を決めるというものだ。

この改革案は、数日前の会見でNBAコミッショナーのアダム・シルバー氏が言及したものだ。

しかし、ジェームズは「NBAの伝統を根底から覆してしまう」と、この改革案に反論した。3度の優勝を経験し、7年連続でNBAファイナルに進出しているジェームズは、現行のNBAプレイオフのフォーマットだと一部の強豪チームばかりがNBAファイナルに進む可能性もあるが、長い目で見ればNBAプレイオフのバランスは取れていると主張した。

最後に、ジェームズはこう付け加えている。

「先日のNBAオールスターゲームは、新しいフォーマットにして大成功した。しかし、プレイオフのフォーマットはメチャクチャにしてほしくない。」

アーカイブ

ブランドン・イングラムがGリーグで調整へ
ケント・ベイズモアに罰金処分
ニック・ナースHCに罰金処分
ステフィン・カリーがレギュラーシーズン通算15000得点を突破した
サンダーがビリー・ドノバンHCの5年目の契約オプションを行使
NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.