ニュース

アンドリュー・ボーガットがNBA復帰へ!

アンドリュー・ボーガットがNBAに復帰するようだ

先日までNBL(オーストラリアのプロバスケットボール・リーグ)でプレーしていたセンターのアンドリュー・ボーガットが、ゴールデンステイト・ウォリアーズと正式に契約した。複数のリポートによると、今回の契約は1年のミニマム契約と見られている。

The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、ウォリアーズとアンドリュー・ボーガットがNBLとNBAから移籍に関する許可状を受け取ったとのことにより、ボーガットはウォリアーズと1年契約を結ぶことが可能になったそうだ。ボーガットは、2012年から2016年までウォリアーズでプレーしていた。

2005年のNBAドラフト1巡目全体1位指名でミルウォーキー・バックスに入団したボーガットは、これまでのキャリアで1試合平均9.8得点、8.7リバウンド、1.5ブロックを記録している。彼は、2015年にウォリアーズが優勝した時の主力メンバーで、2016年のNBAファイナル進出にも貢献している。クリーブランド・キャバリアーズと対戦した2016年のNBAファイナルでは、ボーガットは膝の怪我により最後の2試合を欠場している。

2017-18シーズンをロサンゼルス・レイカーズでプレーしたボーガットは、昨年4月にNBLのシドニー・キングスと契約し、今シーズンのNBLのシーズンMVPと最優秀守備選手賞をダブル受賞した。ボーガットがキングスと結んだ2年契約の中には、「たとえNBAのチームから声がかかっても、アメリカには戻らない」という条項が含まれていた。

2018年1月にレイカーズから解雇されたボーガットは、フリーエージェントとしてその年のプレーオフチームと契約することも可能だった。しかし、彼は故郷のオーストラリアに残ることを選択し、2018-19シーズンに再びNBAに復帰する予定であることを発表した。その時、彼は自身のツイッターで「現在、妻が2人目の子供を妊娠中だが、今回の出産は彼女にとって非常にリスクが高く、国外に出られる状態ではない」という事情も明らかにしていた。

2017年9月にレイカーズと契約したボーガットは、昨シーズンは23試合に出場し(うち5試合に先発)、1試合平均1.6得点、3.4リバウンドを記録した。彼は2016-17シーズンの後半にキャバリアーズと契約したが、初出場した試合で1分も経たない間に左足を骨折し、すぐに解雇された。

ボーガットは、2005年のプロ入りから2012年までの7年間をバックスでプレーした後、モンタ・エリスとの交換でウォリアーズにトレードされた

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.