ニュース

NBA全体の観客動員数が4年連続で増加!!

観客動員数、チケット完売回数、物販売り上げ額といったリーグ全体のセールスが過去最高値を記録した

2017-18シーズンのNBA全体の観客動員数、平均入場者数、チケット完売回数が過去最高を記録した。今シーズンで4年連続の記録更新となったリーグの年間総観客動員数は、初めて2,200万人を超え、2,212万4,559人を記録した。これは、昨年の2,199万7,412人を大きく上回る数字だ。

加えて、各会場の1試合平均の入場者数(1万7,987人)でも昨年の数字(1万7,884人)を僅かに上回った。単純計算でいうと、今シーズンのNBAの試合会場は、どこも概ね全座席数の95%以上が埋まったことになる。

更に今シーズンは、チケットが完売した試合の回数(741試合)でも過去最高をマークしている。(それまでの最高記録は2015-16シーズンと2016-17シーズンの723試合)

その他、今シーズンは以下の3部門で目覚ましい数字を記録した。

●物販売上
 NBAStore.comは、2016-17シーズンに比べて25%増の売り上げを記録した。
●NBAリーグパス
 NBAリーグパスは、今シーズンからVR(ヴァーチャル・リアリティー)や月額制やスペイン語放送といった新要素を取り入れ、全世界の登録者数を前年比で63%増やした。
●ソーシャルメディア
 リーグのソーシャルメディアは、アクティビティ(8億800万アクション/前年比+25%)とビデオ視聴(110億ビュー/前年比+43%)の2部門で新記録を樹立した。昨シーズン終了後から今日までに、リーグのソーシャルメディア・アカウントは新たに870万フォロワーを獲得し、総フォロワー数を9%増やした。リーグ、チーム、そして選手達の全ソーシャルメディア・アカウントが獲得した『イイね』の数とフォロワー数の合計は15億を超えた。

3大ソーシャルメディアで合計1億人以上のフォロワー(フェイスブック/2,300万フォロワー、ツイッター/4,100万フォロワー、インスタグラム/3,600万フォロワー)を持つレブロン・ジェームズは、アメリカのスポーツ選手の中で最もフォロワーが多い選手である。

■レギュラーシーズンの観客動員数 歴代上位5シーズン■
1位 2017-18シーズン:22,124,559人
2位 2016-17シーズン:21,997,412人
3位 2015-16シーズン:21,972,129人
4位 2014-15シーズン:21,926,548人
5位 2006-07シーズン:21,841,480人

■レギュラーシーズンの平均入場者数 歴代上位5シーズン■
1位 2017-18シーズン:17,987人
2位 2016-17シーズン:17,884人
3位 2015-16シーズン:17,864人
4位 2014-15シーズン:17,826人
5位 2006-07シーズン:17,757人

アーカイブ

ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
ジョエル・エンビードがジミー・バトラー加入後の役割に不満?!
ポール・ミルサップがつま先を骨折!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.