ニュース

アンドリュー・バイナムとサーシャ・ブヤチッチがNBA復帰を検討か?!

レイカーズ時代に優勝を経験しているアンドリュー・バイナムとサーシャ・ブヤチッチがNBA復帰を検討しているようだ

ロサンゼルス・レイカーズ時代の2009年と2010年に優勝を経験しているアンドリュー・バイナムが、NBAへの復帰を検討しているようだ。

The Athleticのシャムス・シャラニア記者は、バイナムの動向について以下のようにリポートしている。

「レイカーズで2度の優勝を経験し、NBAオールスターにも出場したことがあるアンドリュー・バイナムが、新しい代理人を雇った。現在30歳のバイナムは、NBA復帰を目指し、トレーニングキャンプが始まるまでに数チームのワークアウトを受けるようだ。」

今年の10月27日で31歳を迎えるバイナムは、2012年にドワイト・ハワードが絡むトレードでレイカーズからフィラデルフィア・76ersに移籍したが、オフシーズン中にボーリングで遊んでいる最中に膝を痛め、2012-13シーズンを丸々棒に振っている。その後、彼は、クリーブランド・キャバリアーズ、シカゴ・ブルズ(トレード後に即解雇)、インディアナ・ペイサーズといった複数のチームを転々としたが、2013-14シーズン以降はどのチームとも契約していない。

また、同じく2009年と2010年のレイカーズの優勝メンバーであるサーシャ・ブヤチッチもNBA復帰を目指しているという情報が入っている。
34歳のブヤチッチは、2010年にレイカーズからニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)にトレードされて以降も、NBAとヨーロッパの複数のチームでプレーを続けており、昨シーズンはイタリアのフィアット・トリノに在籍していた。情報筋によると、彼は既にニューオリンズ・ペリカンズとオクラホマシティー・サンダーでのワークアウトを済ませているようだ。

先日、ブヤチッチは、Bリーグ昇格を目指す『佐賀BALOONERS(バルーナーズ)』のアンバサダーに就任したことでも話題となっている。BALOONERSの選手兼ヘッドコーチを務めるアル・ビェコビッチはブヤチッチの弟だ。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.