ニュース

NBAが激動のオフシーズンに突入!! 今オフのフリーエージェント選手を総チェック!!

今オフのフリーエージェント選手の一覧と、契約関連用語をご紹介

・プレーヤーオプション
契約最終年の契約を続行するか、契約を続行せずにフリーエージェントになるかを選手自身が決められる権利。プレーヤーオプションを行使した場合、選手は現在のサラリーでもう1年チームに残留することになる。プレーヤーオプションを破棄した場合、選手はオフに完全フリーエージェントになる。
[プレーヤーオプションを行使して、もう1年チームに残留した選手]
ダレル・アーサー(デンバー・ナゲッツ)
ロン・ベイカー(ニューヨーク・ニックス)
ウィルソン・チャンドラー(デンバー・ナゲッツ)
ドウェイン・デッドモン(アトランタ・ホークス)
ダニー・グリーン(サンアントニオ・スパーズ)
ウェスリー・ジョンソン(ロサンゼルス・クリッパーズ)
コーリー・ジョセフ(インディアナ・ペイサーズ)
エネス・カンター(ニューヨーク・ニックス)
コスタ・クーフォス(サクラメント・キングス)
ウェスリー・マシューズ(ダラス・マーベリックス)
ジョディー・ミークス(ワシントン・ウィザーズ)
マイク・マスカラ(アトランタ・ホークス)
オースティン・リバース(ワシントン・ウィザーズ)
イマン・シャンパート(サクラメント・キングス)
ジェイソン・スミス(ワシントン・ウィザーズ)
ミロシュ・テオドシッチ(ロサンゼルス・クリッパーズ)
ギャレット・テンプル(サクラメント・キングス)
サディアス・ヤング(インディアナ・ペイサーズ)
[プレーヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントになった選手]
ジャマール・クロフォード(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ルディ・ゲイ(サンアントニオ・スパーズ)
ポール・ジョージ(オクラホマシティー・サンダー)
レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)
デアンドレ・ジョーダン(ロサンゼルス・クリッパーズ)
ジェフリー・ラバーン(サンアントニオ・スパーズ)
カイル・オクイン(ニューヨーク・ニックス)

・アーリーターミネーション・オプション
アーリーターミネーション・オプションを行使した選手は、残り1年分の契約を強制的に打ち切って完全フリーエージェントになることができる。
[アーリーターミネーション・オプションを破棄して、もう1年チームに残留した選手]
カーメロ・アンソニー(オクラホマシティー・サンダー)

・チームオプション
残り1年分の契約を続行して選手を残留させるか、契約を破棄して選手をフリーエージェントにするかを、チーム側が決められる権利。
[チーム側がチームオプションを行使したことで、もう1年チームに残留することになった選手]
リショーン・ホームズ(フィラデルフィア・76ers)
アーロン・ジャクソン(ヒューストン・ロケッツ)
TJ・マッコネル(フィラデルフィア・76ers)
ニコラ・ミロティッチ(ニューオリンズ・ペリカンズ)
[チーム側がチームオプションを破棄し、フリーエージェントになった選手]
ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)…制限付きフリーエージェント
ジョーダン・ミッキー(マイアミ・ヒート)
ダーク・ノビツキー(ダラス・マーベリックス)
ランス・スティーブンソン(インディアナ・ペイサーズ)
ジョー・ヤング(インディアナ・ペイサーズ)

・クォリファイング・オファー
クオリファイング・オファーとは、ルーキー契約の契約最終年を迎える選手やプロ入り3年以内で契約最終年を迎える選手に対してチームオプション(チーム側が契約を続行するか契約を打ち切って選手をフリーエージェントにするか決められる権利)を持つチームが提示する1年契約のオファーのことで、このオファーを提示された選手は制限付きフリーエージェントとなる。選手本人が自分の行き先を自由に決められる『完全フリーエージェント』に対し、『制限付きフリーエージェント』の場合は、選手はあらゆるチームからの契約オファーに合意(サイン)できるものの、クオリファイング・オファーを提示したチームが48時間以内にその契約にマッチ(同等の契約条件を選手側に提示すること)することができれば、その選手と優先的に契約を結ぶことが可能になる。
[クォリファイング・オファーを提示されて制限付きフリーエージェントになった選手]
ダンテ・エクサム(ユタ・ジャズ)
ハウル・ネト(ユタ・ジャズ)
カイル・アンダーソン(サンアントニオ・スパーズ)
デイビス・バータンズ(サンアントニオ・スパーズ)
ネマニャ・ビエリツァ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
クリント・カペラ(ヒューストン・ロケッツ)
ヨギ・フェレル(ダラス・マーベリックス)
ブライアン・フォーブス(サンアントニオ・スパーズ)
アーロン・ゴードン(オーランド・マジック)
モントレズ・ハレル(ロサンゼルス・クリッパーズ)
ロドニー・フッド(クリーブランド・キャバリアーズ)
ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)
パトリック・マコー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ユスフ・ヌルキッチ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
デイビッド・ヌワバ(シカゴ・ブルズ)
ジャバリ・パーカー(ミルウォーキー・バックス)
ジュリアス・ランドル(ロサンゼルス・レイカーズ)
マーカス・スマート(ボストン・セルティックス)
フレッド・バンブリート(トロント・ラプターズ)
[クォリファイング・オファーを提示されず、完全フリーエージェントになった選手]
ブルーノ・カボコロ(サクラメント・キングス)
パット・カナートン(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
マルコム・デラニー(アトランタ・ホークス)
マーカス・ジョージズ・ハント(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
ジョナサン・ギブソン(ボストン・セルティックス)
トレボン・グラハム(シャーロット・ホーネッツ)
アーロン・ハリソン(ダラス・マーベリックス)
アンドレ・イングラム(ロサンゼルス・レイカーズ)
アミール・ジェファーソン(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
ダミオン・リー(アトランタ・ホークス)
ダグ・マクダーモット(ダラス・マーベリックス)
サラ・メジリ(ダラス・マーベリックス)
シャバズ・ネイピアー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
ルーカス・ノゲイラ(トロント・ラプターズ)
エルフリッド・ペイトン(フェニックス・サンズ)
ニック・スタウスカス(ブルックリン・ネッツ)
ノア・ボンレー(シカゴ・ブルズ)
トラビス・ウェアー(ロサンゼルス・レイカーズ)

・解雇
チームから解雇された選手のサラリーの全額または一部は保証されない。解雇された選手はフリーエージェントのリストに加えられる。
[今オフに解雇されてフリーエージェントになった選手]
コール・オルドリッジ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
トーマス・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)
タイラー・エニス(ロサンゼルス・レイカーズ)
オマリ・ジョンソン(メンフィス・グリズリーズ)
シェルビン・マック(オーランド・マジック)
タイラー・ユーリス(フェニックス・サンズ)

・2way契約フリーエージェント
2way契約は、昨シーズンから採用された新制度だ。2way契約の選手は、シーズン中にNBAとG Leagueを行き来することができる。一部の2way契約選手の契約は来シーズンも保証される。来シーズンの契約が保証されていない選手の中で、昨シーズン中に15日以上NBAチームのロスターに登録された選手で、チーム側からクォリファイング・オファーを提示された選手は、今オフに制限付きフリーエージェントになる。
[2way契約から制限付きフリーエージェントになった選手]
ライアン・アーチジャコノ(シカゴ・ブルズ)
ジャバリ・バード(ボストン・セルティックス)
マーケル・ブラウン(ヒューストン・ロケッツ)
トレイ・クレイグ(デンバー・ナゲッツ)
ミルトン・ドイル(ブルックリン・ネッツ)
アイザイア・ヒックス(ニューヨーク・ニックス)
ダラン・ヒラード(サンアントニオ・スパーズ)
デリック・ジョーンズJr.(マイアミ・ヒート)
ルーク・コーネット(ニューヨーク・ニックス)
マルコム・ミラー(トロント・ラプターズ)
ザビエル・マンフォード(ミルウォーキー・バックス)
ジョージ・ニャング(ユタ・ジャズ)
マーシャル・プラムリー(ミルウォーキー・バックス)
ジャカル・サンプソン(サクラメント・キングス)
タイロン・ウォーレス(ロサンゼルス・クリッパーズ)
デリック・ウォルトンJr.(マイアミ・ヒート)
[2way契約から完全フリーエージェントになった選手]
ジャメル・アーティス(オーランド・マジック)
アンソニー・ブラウン(マイアミ・ヒート)
チャールズ・クーク(ニューオリンズ・ペリカンズ)
マット・コステロ(サンアントニオ・スパーズ)
PJ・ドジアー(オクラホマシティー・サンダー)
ケイ・フェルダー(デトロイト・ピストンズ)
ダニエル・ハミルトン(オクラホマシティー・サンダー)
ダヌエル・ハウス(フェニックス・サンズ)
デミトリアス・ジャクソン(フィラデルフィア・76ers)
ジョシュ・マゲッティ(アトランタ・ホークス)
エリック・マクリー(ユタ・ジャズ)
ベン・ムーア(インディアナ・ペイサーズ)
マーカス・ペイジ(シャーロット・ホーネッツ)
ゲイリー・ペイトン2世(ロサンゼルス・レイカーズ)
アレック・ピーターズ(フェニックス・サンズ)
ジェームズ・ウェッブ3世(ブルックリン・ネッツ)
アンドリュー・ホワイト3世(アトランタ・ホークス)
CJ・ウィルコックス(ポートランド・トレイルブレイザーズ)

アーカイブ

NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.