ニュース

アンソニー・デイビス獲得を狙うニューヨーク・ニックスに影響を与えたNBAドラフトロッタリー2019

米国時間の今月14日、NBAドラフトロッタリー(抽選)がシカゴで行われ、ニューオーリンズ・ペリカンズが今年のドラフト全体1位指名権を獲得した。わずか6%の確率で1位指名権を得たペリカンズが、今年ドラフトするのはデゥーク大のスーパースター、ザイオン・ウィリアムソンでほぼ間違いない。

一方で、今年のドラフトで最も1位指名権を獲得できる確率が高かったのはニューヨーク・ニックス、クリーブランド・キャバリアーズ、フェニックス・サンズの14%となっていたが、結果はそれぞれ3位、5位、6位となっている。

今回の抽選で一番の貧乏くじを引いてしまったのはサンズだが、全体3位指名権を獲得したニックスもこの結果に満足していないだろう。

その理由は、ニックスがペリカンズからのトレードを志願しているアンソニー・デイビスの獲得を狙っていることから由来する。もしニックスが全体1位指名権を獲得していれば、今年のドラフトで得られるウィリアムソンを含めたパッケージでデイビスを獲得することが噂されていた。

ボストン・セルティクスやロサンゼルス・レイカーズほか、多くのチームがペリカンズのスーパースターであるデイビスの獲得を狙っている中、この競争を勝ち抜くためにペリカンズにとって魅力的なパッケージを提示する必要があったニックス。もし全体1位指名権を獲得し、ウィリアムソンをドラフトできていれば、ニックスのトレードパッケージは明らかに他のチームのそれと差別化が図れるはずだった。

しかし、皮肉にもペリカンズが全体1位指名権を獲得したことにより、ニックスにとってデイビス獲得のキーパーソンとなるはずだったウィリアムソンは、おそらくペリカンズに直接ドラフトされることになる。

一方で、ペリカンズが今年のドラフトでウィリアムソンを獲得することがほぼ確実となった今、デイビスがトレードの志願を撤回すると思っている人も多いようだ。しかし、「The Athletics」のシャムズ・シャラニア記者によると、リーグの情報筋はデイビスのトレード希望の意思は変わらないと話していたという。

いずれにせよペリカンズが今年のドラフトの全体1位指名権を獲得したことにより、ニックスがデイビスを獲得する可能性は低くなっている。

アーカイブ

ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.