ニュース

ヒューストン・ロケッツがNBAファイナル進出に王手!!

ウェスタン・カンファレンス・ファイナル第5戦に勝利したロケッツが、NBAファイナル進出に王手をかけた

現地5月24日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの第5戦は、ホームのロケッツが王者ウォリアーズを98対94の僅差で下してシリーズの対戦成績を3勝2敗とし、NBAファイナル進出に王手をかけた。

この日のロケッツは、得点源のジェームズ・ハーデンが11本のスリーポイントシュートを全て外す大乱調だったが(19得点)、キャリア初のNBAファイナル進出を目指すクリス・ポール(20得点)や控えのエリック・ゴードン(24得点)らの活躍により、粘るウォリアーズを振り切ることに成功した。
試合後のインタビューで、ハーデンは、勝負の鍵がディフェンスであることを強調した。

「この試合も、俺達はディフェンスで勝利した。第4戦も、俺達はシュートの調子が悪かったが、ディフェンスが良かったから勝つことができた。今夜の試合も、同じことだ。」

この勝利により、ロケッツは悲願のNBAファイナル進出まであと1勝に迫った。彼らは、第4戦でウォリアーズのプレーオフにおける連勝を(16連勝)を止め、続くこの試合ではホームコートのファンの後押しを受けて2連勝を飾ることができた。この試合には、ジャスティン・ティンバーレイクやラッパーのトラビス・スコットら数多くの著名人が訪れ、ロケッツに声援を送った。

一方のウォリアーズは、ケビン・デュラントが29得点、クレイ・トンプソンが23得点、ステフィン・カリーが22得点、ドレイモンド・グリーンが12得点15リバウンドと活躍したが、彼ら以外の選手が合計8得点しか取れず、オフェンスで何度も手詰まりになる光景が見られた。特に、デュラントのショット・セレクションと球離れの悪さが顕著で、試合中にスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)から「かつて私のチームメイトだったマイケル・ジョーダンも君と同じぐらい素晴らしいスコアラーだったが、彼は最初にフリーの選手を探してパスをすることができた。君にもジョーダンと同じようにプレーしてもらいたい」とアドバイスを受ける一幕もあった。

次の第6戦は、ウォリアーズの方は『ハンプトン5』の一角アンドレ・イグダーラが引き続き欠場濃厚で、ロケッツの方はこの試合の終盤にハムストリングを痛めたポールが欠場する。
王者ウォリアーズは、本拠地のオラクル・アリーナで意地を見せることができるのか?
注目の一戦は、現地5月26日にティップオフする。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.