ニュース

ヒューストン・ロケッツがNBAファイナル進出に王手!!

ウェスタン・カンファレンス・ファイナル第5戦に勝利したロケッツが、NBAファイナル進出に王手をかけた

現地5月24日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの第5戦は、ホームのロケッツが王者ウォリアーズを98対94の僅差で下してシリーズの対戦成績を3勝2敗とし、NBAファイナル進出に王手をかけた。

この日のロケッツは、得点源のジェームズ・ハーデンが11本のスリーポイントシュートを全て外す大乱調だったが(19得点)、キャリア初のNBAファイナル進出を目指すクリス・ポール(20得点)や控えのエリック・ゴードン(24得点)らの活躍により、粘るウォリアーズを振り切ることに成功した。
試合後のインタビューで、ハーデンは、勝負の鍵がディフェンスであることを強調した。

「この試合も、俺達はディフェンスで勝利した。第4戦も、俺達はシュートの調子が悪かったが、ディフェンスが良かったから勝つことができた。今夜の試合も、同じことだ。」

この勝利により、ロケッツは悲願のNBAファイナル進出まであと1勝に迫った。彼らは、第4戦でウォリアーズのプレーオフにおける連勝を(16連勝)を止め、続くこの試合ではホームコートのファンの後押しを受けて2連勝を飾ることができた。この試合には、ジャスティン・ティンバーレイクやラッパーのトラビス・スコットら数多くの著名人が訪れ、ロケッツに声援を送った。

一方のウォリアーズは、ケビン・デュラントが29得点、クレイ・トンプソンが23得点、ステフィン・カリーが22得点、ドレイモンド・グリーンが12得点15リバウンドと活躍したが、彼ら以外の選手が合計8得点しか取れず、オフェンスで何度も手詰まりになる光景が見られた。特に、デュラントのショット・セレクションと球離れの悪さが顕著で、試合中にスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)から「かつて私のチームメイトだったマイケル・ジョーダンも君と同じぐらい素晴らしいスコアラーだったが、彼は最初にフリーの選手を探してパスをすることができた。君にもジョーダンと同じようにプレーしてもらいたい」とアドバイスを受ける一幕もあった。

次の第6戦は、ウォリアーズの方は『ハンプトン5』の一角アンドレ・イグダーラが引き続き欠場濃厚で、ロケッツの方はこの試合の終盤にハムストリングを痛めたポールが欠場する。
王者ウォリアーズは、本拠地のオラクル・アリーナで意地を見せることができるのか?
注目の一戦は、現地5月26日にティップオフする。

アーカイブ

NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.