ニュース

今年のNBAファイナルを裁くのは、この12名!!

今年のNBAファイナルを裁く12名の審判が発表された

NBAは、今年のNBAファイナルでオフィシャルを務める12名の審判を発表した。

この12名の人選について、NBAの審判育成責任者のモンティ・マカッチェン氏は以下のようにコメントしている。

「今年のNBAファイナルで笛を吹く12名は、これまでに素晴らしい仕事をしてきた素晴らしい審判ばかりだ。彼らは、今年のNBAファイナルを任されるに値する十分なキャリアを持っている。彼らが大舞台で素晴らしい手腕を発揮することを、私は誇りに思っている。」

NBAファイナルの審判は、その年のプレーオフ全3ラウンドでの仕事ぶりを加味して選出される。審判はプレーオフのラウンドを追うごとに振り落とされていき、優秀な審判だけが徐々に絞り込まれていく仕組みになっている。

NBAファイナル2018の笛を吹くのは、以下の12名だ。

名前                                     NBAファイナル経験
トニー・ブラザーズ (NBAファイナル経験7回)
マイク・キャラハン (NBAファイナル経験15回)
ジェームズ・ケイパー (NBAファイナル経験7回)
マーク・デイビス (NBAファイナル経験7回)
スコット・フォスター (NBAファイナル経験11回)
ジョン・ゴーブル (NBAファイナル経験2回)
デイビッド・ガスリー (NBAファイナル経験1回)
エド・マルロイ (NBAファイナル経験6回)
ケン・マウアー (NBAファイナル経験13回)
ジェイソン・フィリップス (NBAファイナル経験5回)
デリック・スタッフォード (NBAファイナル経験8回)
ザック・ザルバ (NBAファイナル経験5回)

以上の12名のうち、4名はNBAファイナルで12試合以上の審判を務めている。なかでも、キャラハン(19試合)とマウアー(18試合)の2名は豊富な経験を持っている。デイビッド・ガスリーは、NBAファイナルの審判に初選出された。

もし上記12名の審判に欠員が出た場合は、エリック・ルイス審判とトム・ワシントン審判が代わりを務める。

各試合を担当する審判は、それぞれの試合当日の朝9時(アメリカ東部時間)に発表される。

関連タグ

アーカイブ

ドラフト・ロッタリー直後のモック・ドラフトをチェック!
マジック・ジョンソンとラリー・バードが生涯功労賞を受賞へ
NBAドラフト・コンバインでタッコ・フォールの株が急上昇?!
ケビン・デュラントがカンファレンス・ファイナル第2戦を欠場
NBAファイナル2019パブリックビューイングパーティー開催決定!豪華ゲストも来場予定!
NBAモックドラフト2019:八村塁は17位でブルックリン・ネッツへ
人気上昇中のメンフィス・グリズリーズと渡邊雄太の存在
ベン・シモンズがFIBAワールドカップに出場へ!
ジェリー・ウェスト氏の続投が決定
アンソニー・デイビスは依然としてトレードを希望?
ペリカンズが今年のドラフト1位指名権を獲得!!
アンソニー・デイビス獲得を狙うニューヨーク・ニックスに影響を与えたNBAドラフトロッタリー2019
ケビン・デュラントの復帰はまだまだ先?
シクサーズのブレット・ブラウンHCが続投へ
ケビン・デュラントとカイリー・アービングのニックス移籍は95%確実?
キャバリアーズの新ヘッドコーチが決定!
カンファレンス・ファイナルのスケジュールが決定
カワイ・レナードのビッグショットにNBA選手も大興奮!!
トロント・ラプターズとドレークのジンクス
カリー家の兄弟対決、果たして二人の両親はどちらを応援するのか?
イースタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
ウェスタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
レイカーズ移籍の噂が浮上したカイリー・アービング
クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアで暴行被害
この夏トレードされる可能性のあるシューティングガードVol.1
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.