ニュース

NBAがプレイオフ1回戦の審判を発表

NBAが、プレイオフ1回戦で審判を務める36名のオフィシャルを発表した

現地4月12日、NBAが、プレイオフ1回戦で審判を務める36名のオフィシャルを発表した。

NBAのリーグ運営部門社長のブライアン・スプリューウェル氏は「選手たちがプレイオフに臨むのと同様に、我々オフィシャルも準備を整えている。プレイオフでは、コート上で豊富な実績を持ち、プロフェッショナル精神に溢れる審判たちが笛を吹く」とコメントした。

プレイオフのオフィシャルは、シーズン中に3つの特別な基準を達成した審判の中から選ばれる。NBAレフリー・オペレーションズは、ジャッジの正確さ等を加味して審判をランキング付けした。今後、審判はプレイオフの各ラウンド毎に評価を判定され、さらに厳選されていく。

今年のプレイオフで笛を吹く審判のNBAキャリアは平均15年で、合計すると550年以上のキャリア年数になる。

プレイオフでの審判経験が10年以上ある審判は17名だ。なかでも、ケニー・マウアー審判(26年目)とマイク・キャラハン審判(23年目)が特に豊富な経験を持っている。

今年のプレイオフ1回戦の審判のうち5名は、プレイオフで125試合以上の経験を持っている。(キャラハン審判/210試合、マウアー審判/208試合、スコット・フォスター審判/176試合、トム・ワシントン審判/165試合、トニー・ブラザーズ審判127試合)

カーティス・ブレア審判、ニック・バチャート審判、タイラー・フォード審判、トレ・マドックス審判、ジェディミナス・ペトライティス審判、ベン・タイラー審判、スコット・トワルドスキー審判の7名は、今年がプレイオフ・デビューとなる。

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.