ニュース

ステフィン・カリーがNBAファイナル新記録を樹立!! ウォリアーズが2勝目!!

NBAファイナル新記録を作ったカリーの活躍もあり、キャバリアーズに付け入る隙を与えなかったウォリアーズが第2戦を快勝した

現地6月3日に行われたNBAファイナル2018、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズの第2戦は、NBAファイナル新記録となる9本のスリーポイントシュートを沈めたステフィン・カリーの活躍もあり、終始キャバリアーズを圧倒したウォリアーズが122対103で快勝し、対戦成績を2勝0敗とした。

ウォリアーズでは、カリーが33得点した他、レブロン・ジェームズに対する好ディフェンスに加えて着実に得点も重ねたケビン・デュラントが26得点9リバウンド7アシスト、左脚の故障で直前まで出場が危ぶまれたクレイ・トンプソンが20得点と、得点源の3人が揃って活躍した。

自慢の長距離砲が大爆発したカリーは、試合後に以下のように語った。

「とても特別な夜だったよ。この調子であと2勝して、更に特別なこと(優勝)が起こるといいね。」

また、この試合でも何本も難しいシュートを沈めたカリーについて、チームメイトのドレイモンド・グリーンは以下のようにコメントしている。

「彼はビッグショットを打って、それを決めてしまう男だ。それに、彼はタフショットを打って、それも決めてしまう男だ。」

一方のキャバリアーズは、第1戦で51得点したジェームズがこの試合も29得点13アシスト9アシストとトリプルダブル級の大活躍を見せ、ケビン・ラブが22得点10リバウンド、ジョージ・ヒルが15得点と健闘したが、3日前の試合のような接戦の試合展開に持ち込むことすらできなかった。
第1戦でウォリアーズを絶体絶命の危機から救ってしまう痛恨のミスを犯したスミスは、この試合中にオラクル・アリーナに集まったウォリアーズファンからスタンディング・オベーションと共に「MVP」コールをされるという悔しい経験をした。それでも「俺達はJRを見捨てない」と言ってくれた親友のジェームズに恩を返すべく31分間プレーしたスミスだったが、結局この日も5得点と不発に終わっている。

ホームに戻る第3戦と第4戦で何とか巻き返したいジェームズは、次戦以降への意気込みを以下のように語った。

「俺達は緊張感を持ち続けないといけない。ホームに戻るからといって、緊張感を解いてリラックスしてはいけない。」

また、ウォリアーズの強さについて、ジェームズは以下のように分析している。

「彼らは本当に危険なチームだ。彼らの中心となっている4人のオールスター選手は、たとえ誰かが欠けたとしても決してリズムを崩さず、自分達の仕事を全うできるんだ。」

キャバリアーズは、シリーズのリズムを掴んだウォリアーズから1勝をあげることができるのだろうか?

シリーズの行方を左右するであろう第3戦は、キャバリアーズの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナに会場を移し、日本時間6月6日の午前10時にティップオフする。

アーカイブ

ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.